ヨーロッパでベストセラーになった衝撃の犯罪小説Box 21

Anders Roslund, Borge Hellstrom
400ページ
Farrar, Straus and Giroux
2009年10月13日発売予定
犯罪小説/ミステリー・スリラー

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0374282951
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0374282951
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=4270102861

スウェーデンの首都ストックホルムのアパートから瀕死になった若いリトアニア人娼婦が救出される。娼婦を殴り鞭で打ったのはロシア人のヒモ(ポン引き?)であったが、外交領域を主張するためにスウェーデン警察が罪に問うことはできなかった。

その事件を担当することになったベテラン刑事Ewert Grensは、25年前に起こった事件の悲嘆を引きずって暗澹たる人生を送っていた。同僚の警官だった妻がJochum Langという犯罪者のために脳外傷を受け、意思疎通ができない状態になってしまったのだ。
事件以来気難しくなり孤立したEwertが唯一友情を保っているのはBendt Nordwallとその妻のLenaだけだった。そして職場でなんとか良好な関係を保っているのはSvenという若い理想家の刑事のみである。

病院に運ばれた娼婦は3年前にリトアニアで「よい仕事がある」と騙されて売りとばされ、スウェーデンに送り込まれた未成年のLydia Grajauskasだった。電子錠のかかったアパートの一室に閉じ込められ、逃げることもできず、反抗すると徹底的に肉体を痛めつけられる。性奴隷として地獄のような生活を送ってきたLydiaが、ついにポン引きのDimitriを異常に怒らせるほど反抗したのには理由があった。Lydiaは治療を受けていた病院で医師たちを人質にしてある要求をする。

Lydiaの「真実」は、Ewert, Bendt, Sven3人の刑事の「真の姿」を暴くものでもあった。

実際に欧州で深刻な問題であるhuman trafficking(人身売買)を題材にした問題作で、スウェーデン推理小説アカデミー最優秀犯罪小説賞ノミネート作。

●感想
Box 21が「ヨーロッパで爆発的に売れたスウェーデンの犯罪小説」と聞いていたので、The Girl With the Dragon TattooThe Girl Who Played With Fireファンの私は発売前に読ませていただくチャンスに即座に飛びつきました。
けれども、残念なことにBox 21はThe Girl…シリーズには遥かに及ばない作品でした。
バルト諸国(エストニア、ラトビア、リトアニア)の若い女性を「よい仕事がある」と騙してリクルートし、他国に連れてゆき性奴隷として人身売買する犯罪は欧州で問題になっています。その深刻な社会問題を取り上げていることと、騙されて虐待されている被害者なのに社会から娼婦として蔑まれるだけで保護されない悲惨な立場の彼女たちの視点を描いたことには好感をいだきます。けれども、文章力におおいに問題があると感じました。

私は簡潔かつ詩的な文章のファンですが、Box 21の文章は単にぶつ切りなだけ。またサブプロットがバラバラに進行している感じで、最後になってもひとつにまとまる感じがありません。
また、登場人物が二面的です。善人にも悪人にも深みがなく、従って感情移入ができないのには困りました。
そしてセットアップに時間をかけたわりには、重要なもりあがりの部分が説明不足です。
最後に「驚きの結末」が用意されていますが、予想できるうえに子供だまし的です。心理的に辻褄が合わないと私は感じました。

けれども、 The Girl With the Dragon Tattooのレベルを期待しなければ、ペースの早い犯罪小説として楽しめるかと思います。傑作になるための要素は全部揃っていますし、読者の感想を読むと、実際にけっこう好きな人が多いようですから。

●読みやすさ ★★★☆☆
難しい判定です。というのは英語そのものは簡単なのですが、場面がブツ切れで移り変わるので状況を把握しにくいのです。読みやすいくせに読みにくい可能性のある本です。

●アダルト度 ★★★★☆
性的虐待と暴力の場面があります。ドライに書いていますが、目を背けたくなる感じです。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中