洋書のバーゲンブックを狙おう(2)!

6
以前にも洋書を安く買う方法をご紹介しましたが、読み損ねた方、または読んだけれど忘れていた方のためにもう一度お知らせしておこうと思います。

ドル安/円高のおかげで日本のAmazonでもほぼアメリカと同程度の価格で洋書を購入することができるようになっています。けれども、ペーパーバックが発売されると売れ残りのハードカバーがペーパーバックよりも安いバーゲン価格で売られるのがアメリカの面白いところ。
賢い消費者としては、いろんなルートを知っておきたいものですよね。

1. Amazon.comのバーゲン本を狙う(日本への送料は1冊につき4.99ドル)

2. Barnes & Nobleのバーゲン本を狙う(送料はAmazon.comよりやや高く、5.49ドルです。5.99ドルで準速達便"Priority Mail"になります。

3.そしてこれは今回初めてのご紹介AbeBooks. 米国内もそうですが、特に欧州、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの方におすすめです。最も安い本を検索して注文できます。そして、さらにユニークなのが希少なコレクター専門のRare Book Roomのページ。読むだけで楽しめます。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中