2009年ノーベル文学賞、受賞者決定!

200pxherta_muller_2
2009年のノーベル文学賞が発表されました。

ドイツのHerta Müllerです。




1953年ルーマニア生まれ。両親はドイツ語を話すマイノリティで、母親は1945年にソビエト連邦に追放され5年間を強制労働収容所で過ごしたとのこと。1987年にドイツに移住し、現在ベルリン在住。

なんやかんや言って、結局ヨーロッパ人でしたね。それに政治的要素が強い作家。

しかも日本に翻訳されているのはこの1冊しか見当たらないし、アメリカ合衆国でもそんな感じです。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=4384005261

英語に翻訳されているもので最も有名な作品"The Land of Green Plums"

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0810115972
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0810115972

英語に翻訳されている最も最近の作品"The Appointment"

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0312420544
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0312420544

ノーベル文学賞には政治的要素が大きいのはわかっていますが、少なくとも世界に読者がいる作家にして欲しいです。でないとどんどん文学の世界と読者との乖離が進んで、誰も本を買わなくなっちゃったら何のための文学なのか…ぷんぷん。

いやそれにしてもオンラインカジノは偉い。9月23日のと比較した前日の予想を見てください。ちゃんとMüllerが2位に追い上げているのですから。どういうインサイダー情報なんでしょう?

book

book

ところでカジノの予想に逆らって村上春樹を予言していたのは、guardian.co.ukのMichelle Pauliです.

村上春樹の場合は全世界に熱狂的なファンが存在し、日本だけでなく、海外でも「文学なのに売れる」作家です。特に私はファンではありませんが、素人判断では今回の受賞者よりもノーベル文学賞に値するとは思います。だから来年あたりがんばっていただきましょう。

*これまでの記事はこちらからどうぞ。

コメントを残す