マーガレット・アトウッドが国際的な作家としての地位を確立した代表作ーThe Handmaid’s Tale

Margaret Atwood
320ページ(ペーパーバック)
Anchor
1985年初版
文芸作品/SF(アトウッド本人はScience FictionではなくSpeculative Fictionと呼んでいる)

1987年アーサーC.クラーク賞受賞作、1985年カナダ総督賞受賞作、1986年ブッカー賞最終候補

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=038549081X
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=038549081X
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=4151200118

私が差し上げたいノーベル文学賞残念賞その2

男性優位主義、神権主義、懐古主義、人種差別者の武力グループが大統領と議会全員を同時殺害するクーデターを起こし、かつてのアメリカ合衆国は、Republic of Gileadという神権国家となる。
Gileadでは女性は劣った性とみなされ、人権はおろか、文字を読み書きすることも禁じられる。女性はカテゴリーによって色わけされている。女性にとって最も高い地位は軍隊の司令官の妻で青いドレス、上流階級の娘たちは次に高い地位で白いドレスを着ている。身体の線がまったく見えない赤いドレスに視界を覆う帽子をかぶらされているのはHandmaidと呼ばれる「出産」が専業の若い女性たちである。

環境汚染などの理由で出産率が激減しているGileadでは、子を持つことは司令官夫婦だけの特権である。子宝に恵まれない夫婦が多いのだが、男性優位主義で懐古主義のGileadでは、それは自動的に妻が原因とみなされる。そこで、これまでに子供を産んだことのある女性が種々の理由で逮捕され、司令官夫婦にHandmaidとして支給される。

The Handmaid’s Taleの語り手Offredの名は本名ではない。自分の本名を持つ権利すら奪われたhandmaidの彼女は、Fredという司令官の持ち物である現在のみ「of Fred」、つまり「フレッドの」侍女と呼ばれるのである。Offredにはかつて夫と娘がいたが、夫のLukeがGileadでは違法の離婚経験があるために娘は上流階級の養女にするために連れ去られ、Lukeの消息は不明になっている。
司令官の妻Serena Joyは、クーデター前には女性が外で働くことを激しく批判してきた有名なテレビ伝道師であるが、自分が無名の妻になった現況には不満を抱いている。handmaidには選択の余地がないと知っているくせに、夫の子供を産むために夫に与えられたOffredへの憎しみを隠そうともしない。法では純粋生殖のための行為のみが認められており、それは儀式として妻同席のもとに行われる。司令官とHandmaidの間のプライベートな接触は法で厳く禁じられているというのに、司令官は妻に内緒でOffredに密会を命じる。彼の命令に背いても、応じたことが明るみに出ても、結果は死に結びつく。Offredは、かつての自由な立場と愛情を恋しがりつつも最も生き延びる可能性が高い選択をし続ける。

●ここが魅力!

この物語を最初に読んだのはずいぶん昔のことなので、なんだかず〜んと落ち込んだことしか覚えていませんでした。そこで最近読み返してみたところ、あのとき見逃した素晴らしさをしみじみと感じました。年齢により本の読み方が異なるという良い例かもしれません。

The Handmaid’s Taleは極端な男性優位主義と神権主義のディストピア(ユートピアの反対で暗黒郷とも呼ばれる)を描いており、そのために、アトウッドは多くの人(特に男性)から「フェミニスト作家」と敬遠されているところがあります。私の夫もそのひとりです。ひどい男性像ばかりですから糾弾されているように感じるのかもしれません。けれども、よく読むと、男性を声高に糾弾するタイプの本ではありません。風刺の対象は、福音主義のテレビ伝道師Tammy Fayeのように自分はテレビに出演して好き勝手なことをしていながら「女性の仕事は子供を産み、夫に尽くすこと」と働く女を攻撃する女性たちでもあります。

Atwoodに感心するのはシンプルに見えて奥が深いOffredの内なる声です。司令官とOffredが禁じられた文字を使ってScrabbleというボードゲームをする場面に込められたいくつもの意味に、思わずため息が漏れました。この場面だけでもブッククラブで2時間くらい話し合いができそうです。

私がよく「アトウッドに対してはmixed feeling」と言うのは、残酷な物語を美しい叙情詩のように語る卓越した腕に騙されて最後まで読んでしまい、読後に落ち込むからです。ハッピーエンドが好きな方は、最後に突き放されることを覚悟してアトウッドをお読みください。

●読みやすさ ★★☆☆☆

ニュアンスを読み取らなければならないので、文芸作品をある程度読み慣れている方におすすめします。けれども、一人称なのでアトウッドの代表作の中では入り込みやすく、理解しやすい作品です。
アトウッド初心者の方は、最近の作品よりもこれから始めることをお勧めします。

●アダルト度 ★★★☆☆

生々しい表現や詳細はありませんが、出産の道具としてのhandmaidsが主人公ですからセックスの話題は沢山出てきます。対象は高校生以上です。かえって高校生にとってはいろいろと考えるきっかけになる良い本だと思います。

●その他のアトウッドの作品はこちら

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中