三重の物語を読み終えたとき、あなたは何を感じるか?— The Blind Assassin


Margaret Atwood

521ページ
出版社: Anchor
文芸小説

2000ブッカー賞受賞作、カナダ総督賞最終候補作

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0385720955
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0385720955

私が差し上げたいノーベル文学賞残念賞その4

年老いた未亡人のIris Chase Griffenは、妹Lauraが第二次大戦直後の1945年に亡くなったときのことを思い出し、彼女がそのとき何を考えていたのだろうと思いを馳せる。彼女の追憶に引き続き、Lauraの死後発表された彼女の小説The Blind Assassinが始まる。裕福な女性が労働者運動家でパルプ小説家の愛人と密会するとき、彼から語り聞かされるのが残酷なディストピアを舞台にしたThe Blind AssassinというSFである。 劇中劇はけっこう存在するが、アトウッドのこの作品は、小説中の小説の中にさらにこのSF小説が存在するという複雑さだ。 つまり、「現実」「小説」「小説中の小説」と3つの世界が相互に関連し合って総合的なストーリィを作り上げているのである。

IrisとLaura Chaseはカナダの裕福な家庭の娘だった。だが、姉妹の母は彼女たちが幼いときに亡くなり、父は不在でお手伝いに育てられたような幼年時代だった。第一次世界大戦後の経済恐慌、共産党狩り、労働運動が高まりなどの影響を受け、Chase家は没落の運命をたどる。その経済的危機を逃れるためにIrisの父は18歳の彼女を35歳の冷酷な実業家のRichard Griffenに嫁がせる。無垢で夢見がちな妹のLauraを守るためにIrisは自己を犠牲にしたが、姉妹の仲は、活動家でパルプSF作家のAlexとの関係を含め複雑なものがあった。Lauraの死後に発表されたThe Blind Assassinは、LauraとAlexの恋愛関係を描いたものだと信じられていたが、実はこれにも秘密が隠されていた。

この小説は登場人物といい小説内の小説といい、何一つ外見どおりのものはない。最後に真実が明らかになるが、その後でThe Blind Assassinというタイトルの意味を深く考え込むことだろう。

●ここが魅力!

アトウッドというとディストピアですがが、この小説ではそれが小説内の小説のまたその中に登場するという複雑さです。けれども、20世紀初頭のカナダの歴史を描きながらもそこにディストピアが忍び込んでくるとことがアトウッドの巧みさです。
アトウッドの大ファンには非難されるかもしれませんが、この作品は私の好みではAlias Graceと1、2位を争うものです。この時代のカナダの雰囲気が綿密に描かれているのが私好みということもありますが、複雑な構成がうまく効果をあげている珍しい作品だからです。
Irisの外見の冷たさがどこから来るのか、最後にそれがわかりなんともやるせないものを感じます。

私がアトウッドに抱くmixed feelingは、この「やられた!」という率直な感服と長引くやるせなさです。

●読みやすさ ★★☆☆☆

3つの物語が交互に語られ、しかも語り手が故意に語らない真実もあります。したがって、こういった文芸小説を読み慣れていないと混乱したり、苛立ったりする可能性があります。ですが、先入観を捨て、リラックスしてアトウッドの語る物語をそのまま受け入れれば、3つの世界それぞれを楽しむことができるでしょう。そして最後にこれらがどう繋がっているのかがすうっと見えてきます。

● アダルト度 ★★★☆☆

性的執着、不倫関係、残酷なシーン、などありますが、あくまでアトウッド的。「露骨」という感じではありません。いつものように、フェミニズムのメッセージも感じます。理解できる高校生以上が対象。

●その他のMargaret Atwoodの作品

The Handmaids Tale

Alias Grace

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中