「これを読まずして年は超せないで」賞ノミネート作品紹介その5

「これを読まずして年は越せないで」賞ノミネート作品を、先日から9回にわたって4作ずつ紹介しています。今日はその第5回。公平になるようにアルファベット順です。

でも、せっかく2009年の賞ですから、2008から2009年にかけて出版されたものや今年映画化などで話題になったものにはwinkつけさせていただきます。また長めの推薦文は別ページにリンクいたしましたのでよろしくお願いします。

本日のノミネート作品と推薦者

The Namesake by Jhumpa Lahiri
 

  点子さん



Nocturneswink by Kazuo Ishiguro 
 

  点子さん

 コニコさん



Olive Kitteridgewink by Elizabeth Strout
 

  sosoraraさん



Outlander by Diana Gabaldon
 

  とら次郎さん


作品紹介

The Namesake by Jhumpa Lahiri
 

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0618485228
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0618485228

 2003年の作品で、私にとってはけっこう思い出深い作品です。というのは町全体で1冊の本を読むブッククラブでこの本が選ばれ、それに引き続き移民の経験を語り合うパネルディスカッションの企画のみならずパネリストにまでなってしまったという経験があるからです。この作品ではインド人移民の子供が主人公ですが、私の町のディスカッションではアジアだけでなく欧州からの移民と2世、70代の高齢者から中学生までバラエティをもたせたのでした。私がパネリストに招いた女子中学生にこの本を貸したら見事にボロボロになってもどってきました。それほどよく読んでいただいたということなのでしょう。

  推薦者点子さん

の推薦文

文豪にちなんで「ゴーゴリ」と名づけられた、インドからアメリカに渡った夫婦の間に生まれた男性の物語です。ゴーゴリ本人を中心に、その両親、妻の物語でもありますが、異国で生きようとする人々の姿を、静かな筆致でつづり、しみじみした味わいがあります。

Nocturnes by Kazuo Ishiguro 


wink米国では2009年9月発売。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0307271021
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0307271021

 

  推薦者点子さんの推薦文

タイトルの示すとおり、音楽と夜にまつわる短編が5つ集められています。どれもかなえられない夢をかかえた人たちを、いつもの静謐な文体でしみじみと、また時には珍しくコミカルに描いています。
イシグロファンとしては、「イシグロ節」が薄れた感じを物足りなく、寂しく思う面もありますが作者の新しい試みとして、また今年読んだ中ではやはり秀逸として、推薦したいと思います。5編は独立したお話ではありますが、最初の Crooner で少し出てきた人物がまた4つ目のNocturneでは中心的な人物として登場しているなど、5つの作品をひとまとまりの中篇として考えると、また新たま感慨が生まれます。

 推薦者コニコさん

の推薦文

実はまだこれは未読ですが、今年中に読みたいなと思っている本です。彼の短編、それも音楽がキーワードになっているのなら、読みのがせません。

 

 私のレビュー

Olive Kitteridge by Elizabeth Strout
 

wink2008年9月発売。2009年ピューリッツアー賞受賞作

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0812971833
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0812971833

  推薦者sosoraraさんの推薦文


  私のレビュー



Outlander by Diana Gabaldon
 

 

 http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0385319959
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0385319959

 推薦者とら次郎さん
の推薦文

 私のレビュー

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中