Twilightのバンパイアの代わりに堕天使を使ったYAロマンス – Fallen

Lauren Kate
464ページ(ハードカバー)
出版社: Delacorte
発売日:2009/12/8
YA(ヤングアダルト)/ファンタジー/パラノーマルロマンス

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0385738935
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0385738935

名門私立校に通っていた17歳の少女Luce Priceは、デートの相手の少年が焼死した事件のせいで問題児が収容される不気味な矯正施設Sword & Crossに送り込まれる。

その当日にLuceは謎めいた少年Danielに遭遇する。彼女を見かけたときに一瞬微笑んだ彼はその後徹底的に冷たい態度で接する。
冷たくされながらもLuceはどうしてもDanielを忘れることができず,親友になったPennという少女とDanielの謎を探ろうとする。

実は、人間に恋したために地に堕ちた天使のDanielは繰り返し転生するLuceと会う運命なのだが、二人がキスをしたらLuceは命を失うことになっている(この謎は最初から読者にすっかり見えているのでネタばれではなし)。いっぽうで、不良っぽいが美男子のCamが積極的にLuceに近寄ってくる。冷たい態度を取っているのにDanielはLuceがCamに接近するのは阻止しようとする。

バンパイアと狼人間の代わりに善と悪の2方向に分かれた堕天使を使ったTwilightの二番煎じYAロマンス。Twilightのように3部作かシリーズを狙っているようで、本作品は過去の一部を明かす第一部でしかない。

●感想

Twilightの読者層を狙っていることがはっきりわかるYAロマンスです。2人のホットな男性の間で揺れ動いちゃうのもそっくり。主人公のLuceのどこがそんなに魅力的なのかまったく説明はありません。TwilightのBellaも客観的に見れば「どこがそんなにいいのかわからない」優柔不断で自己チューな性格でしたが、LuceはBellaより「愛される理由」が不明でした。でも理由なくホットな男性たちに愛されて奪い合いされるって、女の子が好きなロマンスのフォーミュラなのかもしれません。それより、LuceとCamの魅力についてルックスだけしか描かれていないのはいかがなものか…(とマジになってもしょうがない)

問題は、DanielとLuceの謎がまったく謎ではなく、Camの正体もなんとなく最初からわかっていて、長いわりには読み進める動機をあまり与えてくれないということです。辻褄が合わないこともいっぱいありますし…。でも、「バンパイアより堕天使のほうがホットだわ〜」という女の子も出てくる可能性はあります。バンパイアはもう「passé」ですからねwink

●読みやすさ ★★★★☆

難しいボキャブラリはなく、Twilight と同程度です。

●アダルト度 ★★☆☆☆

ロマンスシーンはキスどまりです。でも主人公の女の子は「キスされたい〜」、「抱きしめられたい〜」なんてことばっかり考えてます。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中