タイガー・ウッズの破壊されたキャデラックで見つかった意外な本

最近のタイガー・ウッズの一連のスキャンダルをここでいちいちご紹介するつもりはないのですが、そのスキャンダルの発端となった不審な交通事故でぐちゃぐちゃになった車内からある意外な本が見つかり、The Independentによるとそれが突如売れてるというのです。

ピクチャ 6

その意外な本とは、John Gribbin博士が書いた(あまり売れなかった)初期の物理学入門書Get a Grip on Physics(2003年発売)です。この本は物理学素人向けの入門書です。Gribbin博士は、タイガーが最近話題になっている大型ハドロン衝突型加速器 (Large Hadron Collider)に興味を抱き、物理学をもっと理解したくなったのではないか、と推察しています。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0760737487
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0297827030

Amazon.comではマーケットプレイスでしか購入できず、要望が多いせいでしょう、75ドルという信じられない値段がついています。日本のAmazon.co.jpでは、Get a Grip on Physicsは検索しても見当たらず、1999年に発売されたGet a Grip on New Physicsの中古品が1冊のみマーケットプレイスで購入可能(11/5日時点)です。でも、それを買ってアメリカで売ろうとは思わないほうがいいです。この情報社会、人が飽きるのも超スピードなので。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 多くの職を体験し、東京で外資系医療用装具会社勤務後、香港を経て1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 100 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中