The Time Traveler’s Wifeを期待すると失望するゴーストストーリィ Her Fearful Symmetry

Audrey Niffenegger
416ページ (ハードカバー)
Scribner
2009/9/29
文芸小説/現代小説/幽霊/ラブストーリー/双子

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=1439165394
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=1439165394

映画化もされたベストセラーThe Time Traveler's Wifeの作者 Audrey Niffeneggerの第二作は、英国のハイゲイト墓地が舞台のゴーストストーリィである。

EgyptianAvenue_HighgateCemetary 白血病で死んだElspeth Noblinは、英国のハイゲイト墓地と地続きの建物にある広いアパートメントを米国シカゴ市に住む双子の姪JulieとValentinaに遺す。彼女たちの母親EdieとElspethはかつてひとときも離れられないほど仲が良い一卵性双生児だったが、ある出来事をきっかけに接触を絶っていた。JulieとValentinaは一卵性双生児というだけでなく、内蔵までが対称的なmirror image twinsである(ミラー・ツイン:やや後期に受精卵の分裂が発生した場合に起こると考えられており、一卵性双生児の25%で発生)。

内蔵が逆さまになっているValentinaは身体が弱く、いつも気の強いJulieの言いなりになっている。大学を辞めたいJulieとそれに従って一緒にやめたValentinaは無職のまま両親の家でゴロゴロしているだけだったので、Elspethの奇妙な条件にもかかわらずアパートに移り住むことにする。

Elspethのアパートの下階には彼女の年下の恋人Roger、上階にはOCD(強迫性障害)のMartinが住んでおり、ValentinaはRogerに強く惹かれる。JulieはValentinaとRogerの仲に嫉妬するが、ValentinaはそんなJulieからますます離れたいと願うようになる。Rogerも
Valentinaと出会ったことでようやくElspethの死から立ち直りかけていたが、幽霊としてアパートに取り憑いてしまったElspethがあらわれ、彼らと交信しはじめる。

●感想

The Time Traveler’s Wifeは少々メロドラマチックすぎるところがありましたが、ストーリーテラーのしての手腕を感じるなかなかの傑作でした。その作者が、英国、墓地、幽霊、双子、OCD…という私ごのみのテーマが揃った新作を書いたというのですから期待せずにはいられません。ことに舞台になったハイゲイト墓地はとても魅力的な場所です。20年前に訪問した印象が今も強く残っています。

叙情詩的な文章と、OCDのMartinとその妻のMarijkeの逸話は美しく、これらだけであれば私は5つ星を与えたでしょう。 ですが、正直言って、メインの「ラブストーリー」にはがっかりしました。まずMartin とMarijkeを除き、すべての中心的登場人物に魅力を感じません。The Time Traveler’s Wifeにもそういうところはあったのですが、他人を愛する理由がただのObsessionというのはいただけません。理屈抜きの病的なObsessionがある筈のMartinとMarijkeの愛情のほうが説得力があるというのはなんとも皮肉なものです。
プロットもバラバラで、ElspethとEdieが守った秘密も現実味がなく、エンディングも後味が悪いものでした。

救いがあるとしたら、MartinとMarijkeの静かなラブストーリーです。アパートから一歩も外に出られないMartinとオランダに住む妻のMarijkeが別々の場所にいながら夕食を共にするシーンには、じんとします。これだけでしたらおすすめの作品です。

●読みやすさ ★★★☆☆

文章は美しく、特に難しいものではありません。

●アダルト度 ★★★☆☆

性的なシーンはいくつかありますが、The Time Traveler’s Wifeよりややマイルドかな、という感じです。高校生以上向け。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中