Battle of the Kids’ Books 第1ラウンド第7マッチ予告編

Battle of Kids
Books
 明日の取り組みです.

対戦:The Storm in the Barn vs. Sweethearts of Rhythm

The Storm in the Barn

対象:小学生〜中学生

グラフィックノベル

大恐慌のさめやらぬ1930年代、米国の中西部農業地帯は深刻な干ばつに襲われ、ミシシッピー盆地は農業が壊滅状態になり、ひからびた砂埃だけの「塵地帯」(Dust bowl)と呼ばれました。このグラフィックノベルの主人公Jack Clarckは、同世代の子どもたちに虐められるシャイな、けれども心優しい11歳の男の子です。雨が一滴も降らず、農業が不可能なために家族の役に立つことができないJackは、移住した者が置き去りにした納屋で不思議な者の姿をみかけます。そして、ジャックはついに自分の勇気を試し、人々の役に立つ機会に出会います。
 

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0763636185
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0763636185

Sweethearts of Rhythm

対象:小学校高学年から大人まで

ポエムとイラスト

第二次世界大戦前後の1937~1946年、米国には女性だけの「International Sweethearts of Rhythm」というスウィングバンド(16人編成のビッグバンド)が存在しました。今の子どもたちにはとうてい想像できないのは、黒人と白人が同じグループで演奏してはならないという南部の法律でしょう。 Sweethearts of Rhythmの白人のメンバーは化粧で顔をブラウンに塗り、それで演奏したのですが、熱演で汗をかきすぎて観客にそれがばれて逮捕されそうになります。Marilyn Nelsonはそんな逸話をもポエムにしています。Sweetheartsたちが演奏した有名なジャズのナンバーをタイトルにしたポエムは、メンバーが奏でた楽器の立場から書かれていて、ページから当時の音楽が流れ出すような気分になります。
私の娘は、高校のJazzビッグバンドでトロンボーンを演奏しています。バークリー音楽大学の由緒ある高校ジャズフェスティバルで毎年1位か2位になるこのエリートバンドで、娘は唯一の女性メンバーです。彼女の高校だけではなく、ジャズバンドはまだまだ男性がマジョリティです。そんな世界で、しかも人種差別や女性差別が激しかった時代に男性バンドよりも人気があった International Sweethearts of Rhythmが忘れ去られているのは残念なことです。それを現代に美しく蘇らせてくれたのが、Jerry Pinkneyの素晴らしいイラストです。残念なのは、たぶん子どもにはこの良さが伝わりにくいことです。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0803731876
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0803731876

下は実際の彼女たちの演奏です。

明日の予測

アルファベットの順で選ばれた対戦なのに、この2作にはいろいろな共通点があります。まずは「絵」が非常に重要な役割を果たしているということ、そして次は米国の干ばつThe Dust Bowlの時代を振り返る歴史ものだということです。

これも予測が難しい対戦です。どちらが優れた本かというとすぐに答えは出ますが、どちらが勝つかとなると、すごく迷います。観点により、どちらにも勝つ可能性があるからです。
もし「子どもが読みたくて、読んで感動する」という意味ではThe Storm in the Barnです。けれども、質では Sweethearts of Rhythmがダントツ上です。簡単に説明するとThe Storm in the Barnは大衆作品であり、 Sweethearts of Rhythmは芸術作品なのです。

今回の審判Anita Silveyはこれまでと異なり、児童書作家ではありません。大学で児童書について教える講師と評論が彼女の専門職です。でも、彼女の著作を読んだことのない私には、Anitaが子どもの視点を重視するのか、本の出来そのものを重視するのかの判断がつきません。

そこで、個人的な好みもありますが、「類似作品がなく、この本にしかない特別な魅力がある」という意味で、私は次の本を選びます。


Sweethearts of Rhythm

連敗が続きそうないや〜な予感。しません?

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中