信心深い妻エマへの愛と科学との間で悩んだダーウィンの人間らしさ Charles and Emma

Deborah Heiligman
272ページ
Henry Holt Book
2008/12/23
歴史ノンフィクション/伝記/中学生から高校生向け/ヤングアダルト

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0805087214
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0805087214

チャールズ・ダーウィンが生まれたのは1809年、そして彼が種の起原(On the Origin of Species)を出版したのは1859年11月でした。昨年2009年はダーウィンの誕生200年と種の起原出版150周年を記念した多くの展示や出版が相次ぎました。

Charles and Emmaもそういった本の一つですが、妻のエマとの関係を通じてチャールズ・ダーウィンの人となりを描いているところが精彩を放っています。副題に「Darwin’s Leap of Faith」とあるように、進化論とキリスト教との間で彼が体験した葛藤も本書の重要なテーマです。

チャールズは科学者の典型で何事にも論理的なアプローチする癖があったようです。結婚もその例外ではなく、チャールズは後世有名になった結婚リスト(下記の写真)を作っています。紙の左上にMarry、右上にNot
Marryと書いてありますよね。それぞれの下にあるのが結婚のメリットとデメリットを箇条書きにしたものです。

DarwinArchive_CUL-DAR210.8.2_001

Not Marryの例のひとつは”Freedom to go where one liked”です。結婚すると「ビーグル号」での航海のような冒険ができなくなることを悩んでいるのですね。これは現代の男性にも通じるリストですが、決して尊大さの現れではなく、彼の論理的思考を象徴している微笑ましいエピソードです。

チャールズとエマは 仲が良い従兄妹同士でしたが、チャールズは論理的(かつ突拍子もない)思考によりエマと結婚するのが最も良いことだという結論に達するまで彼女と結婚することなんか考えていませんでした。決めたとなると、論理的な行動はプロポーズです。ところが、プロポーズした側と受けた側の反応が傑作です。私がつい吹き出した部分ですから、ぜひ実際に読んでいただきたいと思います。大真面目に結婚のメリット・デメリットリストを作ったくせに、婚約してからエマにメロメロに恋し、結婚後は当時の男性としては非常に珍しい愛妻家で子煩悩なお父さんになってしまったというのは、偉大な科学者の意外な実像です。

この本はチャールズとエマの特別な関係に焦点をあてています。ウエッジウッド創業者の孫である2人は非常にリベラルで知的な家庭(Wedgwood家は奴隷制度に反対だった)で育ち、エマは女性としては当時稀な読書家でした。彼女には自分の教育を活かして何かを成し遂げたい、という野心はありませんでしたが、チャールズはエマの才能を尊敬し、出版前に必ず自分の書物に対する意見を求めています。時代の先を行く頭脳を持った科学者が妻の意見を重視したことからもエマの知性がうかがわれます。それだけでなく、「種の起原」の出版に関するチャールズの葛藤にはエマの信仰心が大きな部分を占めています。信仰を重視しない論理的な父に育てられたチャールズはキリスト教の教えに対して疑問を抱いてきましたが、愛する妻のエマは敬虔なクリスチャンです。エマは、キリスト教を信じないチャールズが死後自分とは別の場所(無神論者は地獄に行くという教えだった)に行ってしまい二度と会えなくなることを悩み、何度もチャールズを説得しようとします。チャールズはそんな妻を厭わしく思うどころか、エマの信仰心に反するような「種の起原」を彼女の視点で何度も見直しています。この2人の関係は、男性から見ても女性から見ても羨ましく思えること間違いなしです。

児童書とはいえ中学生から高校生が対象のしっかりしたノンフィクションなので、日本人の大人が読むのにはぴったりの作品です。

National Book Award 最終候補作

Printz賞受賞作

YALSA-ALA賞 ヤングアダルトノンフィクション部門 受賞作

●読みやすさ ★★★☆☆

通常米国の伝記作品はやたら長くて、忍耐力が要ります。けれども(一応)児童書の本作品は、大人が楽しめる読み応えある内容ですが、ページ数が少なくて容易に読み切ることができます。それゆえ、日本人の大人におすすめの伝記です。

●アダルト度 ★☆☆☆☆

ちょっとしたラブシーンらしきものとそれをチャールズが分析してるところがありますが、小学校高学年から読んでも大丈夫でしょう。

●科学ドキュメンタリー番組NOVAによる史実に基づいたダーウィンとエマの物語

ピクチャ 8

無料ビデオ Darwin’s Darkest Hour(地域により観られないかもしれませんが、米国内であれば全編無料で観ることができます)
ダーウィンに関するNOVAのサイト:ダーウィンと進化論に関するいろいろな参考資料も読むことができます。

7件のコメント

  1. 日本では科学者として有名なチャールズ・ダーウィンの人間性にスポットを当てていて、面白かったです。何でも理論的に考えるチャールズが結婚前に作った「結婚すべきか、結婚すべきでないかリスト」は傑作。宗教と科学の間で悩み、虚弱体質に悩まされながらも、結婚前の心配とは裏腹に、チャールズは愛する妻と子供たちに囲まれて幸せな日々を過ごしたのではないかと思います。

    いいね

  2. やっぱり!という選択でした。
    この本、大人でも十分楽しめますよね。というか、大人のほうが楽しめそうな気もします。
    ダーウィンに親しみを感じさせてくれる伝記ですね!

    いいね

  3. こんにちは。
    Boyよりやや難しいと思いますが、児童小説よりもずっと分かりやすいと思います。
    試してみて分かりにくかったら、後まわし、ということでいかがでしょう?持っていて損のない本です。

    いいね

  4. 早速のコメント、ありがとうございます。たしかに、苦手なのは児童小説なのかもしれません。面白そうなので、読んでみます。Kindle touch を出張先のボストンで購入したのですが、残念ながら Kindle 版はないみたいですね。
    今後ともよろしくお願いします。

    いいね

  5. 途中、かなり苦戦しましたが、読み終えてみれば「ああ、面白かった」というタイプの本でした。こういうのがあるんで、なかなか途中で投げ出せませんw
    よい本をご紹介下さり、ありがとうございました。

    いいね

  6. 日本を走り回っていて、お返事が遅れてごめんなさい。
    日本も残り2日ですが、充実した時間でした。
    本を読む暇どころか、原稿を書く暇もなくて、ボストンに戻ってからが恐ろしい私です。
    また、こんな本をご紹介してゆきたいと思います。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中