寄宿学校で育てられた子供たちの秘密 Never Let Me Go

Kazuo Ishiguro
2005年初版
文芸小説/(心理スリラー/SFといったジャンルとも重なる内容)

31歳のKathyは、Hailshamという寄宿学校で一緒に育ったRuthとTommyとの過去を回想する。

Hailshamは、英国によくある私立の寄宿学校のようである。この学校で最も重んじられているのは芸術的才能であり、時おり訪れるMadam と呼ばれる女性に自分の創作したものをギャラリー展示用として選んでもらうのが最も栄誉なこととみなされていた。その校風に馴染めず、怒りの発作を起こしては同級生たちに苛められるのがTommyだったが、彼にはKathyとそして教師のMiss Lucyという理解者がいた。しかし、Miss Lucyは生徒たちに謎の発言をした後学校を去る。

成長するに従い、Kathy、Ruth、Tommyの3人の友情と愛情は複雑なものになる。Tommyを馬鹿にしていたRuthは彼に恋をして積極的にアプローチし、KathyとTommyの間にあった愛情の芽は摘み取られる。

イシグロらしい、静かな語り口に秘められた数々のヒントから、現実のパラレルワールドともいえる1990年代の英国とHailshamの実体が、しだいに読者に明らかになる。
そのときの感覚を自分で味わっていただきたいので、ここではこれ以上のプロットは避けることにする。

●ここが魅力(ネタバレあり)

Kathyの最初の語りから、読者は彼女が「Donor(ドナー)」をリカバリーセンターで世話する「Carer(ケアする人)」という職を11年もしていることを知ります。ドナーとはどうやら臓器移植や骨髄移植のドナーのようですが、Carerは、医療の世界でCare Giver(介護者)と呼ばれる立場とは少々異なるようだと感じます。

彼女は、現在の生活ではなく、Hailshamという学校での暮らしを回想してゆきます。
Hailshamは、一見、英国の美しい田舎町によくある金持ちの子弟が送り込まれる寄宿学校のようです。子供たちはアートやスポーツを楽しみ、普通の生活をしています。けれども、読者はすぐにこの学校の奇妙なところに気付きます。彼らは、臓器移植のために人工的に作られた子供たちなのです。通常の子供たちのように18歳まで育てられますが、成人するとドナーになり、たいていの者は臓器提供を3回すると産まれてきた役割をcomplete(死去)します。Carerは学校を卒業してからDonorになるまでに就く仕事なのですが、人により異なる期限があるようです。

Hailshamの噂と真実が混じり合った世界で育ったKathyたちは、ある噂をよりどこりにしてきますが、最後のあたりで、噂に隠されていた真実を知ります。

Never Let Me Goは、SFや風刺小説の設定でありつつ、それらのカテゴリーに収まることを拒むユニークな作品です。人命を救うために作られたクローンには人間と同等の人権がないという不条理。そして、その「哀れな存在」に出来る限り良い人生を与えようとする”人道的な”人々と彼らの偽善。命の終焉を知った者にとっての人生には、愛情には何の意味があるのか…?この物語が読者に考えさせることは沢山あります。けれども、イシグロは、それらを声高に語ろうとはしません。
Never Let Me Goは、洗練された近代社会におけるヒューマニティの偽善やカフカ的な不条理の世界を鎮痛剤で鈍化させた疼痛のように奥底に潜ませた、beautiful でterribleなラブストーリーです。

題名になった「Never Let Me Go」は、Kathyが子供の頃に好きだった曲です。この曲を聞きながら枕を抱えて踊っているところをMadamに目撃されるのが、重要なシーンになっています。作中の歌手は架空の存在ですが、このNever Let Me Goという曲を聴いてみたいなあ、と思わせます。私が読みながら想像したのはこのNever Let Me Goですが、本に出てくる曲とは歌詞が違うからまったく別モノです。

●読みやすさ 中程度

カズオ・イシグロの小説の中では、日本の方にとって最も読みやすい小説のひとつです。Kathyの一人称の語りにはすんなり入り込むことができるでしょう。さほど長くないので、すぐに読み終えることができると思います。

●アダルト度

セックスの話はよく出てきますが、きわどい描写などはありません。淡々とした表現です。高校生以上が対象。

●映画化

米国では2010年9月に映画が公開され、英国では2011年1月公開予定です。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

寄宿学校で育てられた子供たちの秘密 Never Let Me Go」への12件のフィードバック

  1. 読んでないのですが、昨年図書館で購入しました。映画画公開されるにあたり、映画のシーンや女優さんの写真を添付してディスプレーしたところ、本はまたすぐ貸し出されました。映画化された原作は、やはり生徒たちの間でも人気ですね。ただ、これは、イギリス映画(?)だからか、返却に来た生徒に、映画化されたね、というと、知らなかったみたいで、じゃあ、図書館で本をもっと宣伝しなきゃ、という気持ちになりました。

    いいね

  2. こんにちは。
    この本が出版されてすぐに姑に贈ったのです。彼女は読んだ本を手元には置かない人なので、読み終わると箱に詰めて送り返してくれるのですが、このNever Let Me Goは「面白くなかった」という感想とともに誰かにあげちゃったみたいなのです。
    ハードカバーを2冊も買うのが悔しくて今まで読まなかったのですが、読んで良かったです。
    姑がこの本を嫌いだったのは、SFとかちょっとでも風変わりな小説が嫌いなタイプだからです。いつも同じタイプの本ばかりだとつまらないと思うのですが、それは私の余計なお世話です(笑)
    これはKindleで読みました。

    いいね

  3. そうですか、お姑さんはお嫌いですか。私の知り合いの米国人娘(かなりの読書家)も一言”Weird.”。やはり、「現実のパラレルワールド」をすんなり受け入れれるかどうかで好き嫌いが分かれるのかもしれませんね。この意味で、Doner, Carerは村上春樹「1Q84」のドータ、リトルピープルを彷彿とさせます。私は本作は”The Remains of the Day”と並ぶイシグロの最高傑作と思っており、早く映画が見たいです。ところで、イシグロはどうしてノーベル文学賞候補に入らないのでしょうか。

    いいね

  4. こんにちはjustさん。
    そうですね。私もThe Remains of the Dayと並んで好きです。
    ノーベル文学賞候補に上がらないのは、まだ若いからかも。下らない作家も沢山候補になっていますから、ノーベル文学賞ってどうなのかな?なんて思う事がよくあります。

    いいね

  5. 始めまして。これは近年、私が一番心を打たれた本です。現実とは異なる世界のストーリーなのに、三人の登場人物の心模様に心から同感してしまいます。映画は、監督も脚本家も原作に深く共感して制作したそうで、監督は原作者が日本人なので、「わびさび」についても勉強したとか…..10月末の東京国際映画祭で映画を見られるのでとても楽しみです。そちらでの映画の評判はいかがでしょう?

    いいね

  6. こんにちは、BigSさん。
    映画はまだ始まったばかりで、しかも大きな映画館ではまだのようです。私は近くに来るのを待っています。映画の情報を見ましたが、作者も気に入っているようですから、良い作品になっていると思います。

    いいね

  7. こんにちは。ご無沙汰しています。
    カズオ・イシグロは大好きですが、この作品はちょっと私は苦手でした。でも映画化されたのなら、原作との違いなどもきっとあるでしょうから、ぜひ見てみたいです!

    いいね

  8. こんにちは、点子さん。
    私の姑も点子さんと同様の意見です。もしかして、趣味が似ているのかも。
    映画は少々メロドラマチックなようです。評論家の意見ですが。

    いいね

  9. 私にとって初めてのカズオ・イシグロ作品でした。思ってたよりもずっと読みやすくてびっくり。
    本を読んでから渡辺さんのレビュー(「ここが魅力」の部分)を読みましたが、ものすごくしっくりきました。同じように感じていても、こうやって言葉に表せるのはすごいです。(私はとても苦手。だから読書が好きなのかも。)
    ラストのシーンが好きで、Goodreads.comでは星4つに格上げしました。

    いいね

  10. ちょこさん、
    感想どうもありがとうございます。
    私は、自分が文章を書く立場の人なんで、アマゾンでもGoodreadsでも十分楽しめたら多少の欠陥があっても星は5つあげる人なんです。それで「まだまだ改善の余地があるけれど、楽しめた」が4くらい。
    作者が頑張って書いたと分かるもので、「駄目だ」と思った本は(超有名作家で過大評価されていて、手を抜いていると感じる場合は別ですが)、悪い評価は書かないタイプです。だって、可哀想ですからね。でも(かっこ)内のような場合は、「ゴミ箱入り」として酷いことも書きます(笑)

    いいね

  11. なるほど。
    私のGoodreadsでの評価は本当に勝手です。
    いつも自分じゃ書けないのにこんなこと書いて!と思いつつ、
    ときにはなかなか酷いことも書いています。
    すごく期待して読んでがっかりしたときは、ただの憂さ晴らしのこともあるかも。ちょっと反省。

    いいね

  12. 私の場合は、自分に返ってくるのが怖いという…(笑)
    実は、出版社などからレビューを頼まれて、「あまり良いことを書けませんがそれでもいいですか?」と訊ね、結局書かないことにしたものがけっこうあります。
    また、著者に会って一緒に写真も撮ったけれど、会話と読書のあとであまり褒めることができない場合に、悩んだあげく書くことそのものをやめたり。
    こういった感じで、読んだけれどここでご紹介していないものは、けっこう沢山あります。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中