次のマーケティングのキーワードは「リアルタイム」だ Real-Time Marketing and PR

David Meerman Scott
244 pages(ハードカバー)
Publisher: Wiley (November 2, 2010)
Language: English
ISBN-10: 0470645954
ISBN-13: 978-0470645956
ビジネス/マーケティング、PR

ファイナンシャルタイムズ紙ベストセラー

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0470645954 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0470645954

著者のDavid Meerman Scott(情報公開:私の夫)が大学卒業後に就いた職業は、ウォール街の債券トレーディングのデスクだった。その後、債券トレーディングの情報会社に移ったのだが、そのときに学んだのは、リアルタイムの情報にリアルタイムで対応することの重要さだった。


  ピクチャ 21 だが、企業や組織は、リアルタイムで対応することに慣れていない。現状把握から対応までにいくつものステップがあり、対応できたときには、ビジネスのチャンスを逃し、問題は悪化している。米国のみならず、世界各国を訪問し、政治家から大企業まであらゆる分野の人々と関わる機会がある著者のスコットは、 ブログ、ツイッター、YouTubeなどで情報が瞬く間に広まる今日、リアルタイムで対応することが、企業の命運を左右するほど重要になっていることに気付いた。フォーチューン誌トップ100の大企業でちょっとしたテストをしてみた著者は、「リアルタイムで運営している組織/企業」のほうが成功しているという重要な結果を得た。詳しくは、スコットのブログ記事と下記でご紹介する無料E-bookを読んでいただきたい。あなたの知っているあの会社がどんな「リアルタイム」対応をしたのかがひと目でわかるリストあり!

スコットは、アマゾン、トヨタ、ユナイティッド航空、など興味深く分かりやすい実例を使い、以下のようなリアルタイムのマーケティングとPRの重要なポイントと実践方法を解説している。

・迅速に対応するビジネスカルチャーを育て上げるよう促す。
・人々がオンラインであなたの組織/会社と相互関係を持つとき、購入シグナルを読み取る。
・クラウドソース・プロダクト開発、ネーミング、オンラインビデオなどのマーケティング・マテリアルの利用

内容に興味がある方は、下記のエッセンスを紹介する無料e-book(PDF)や、キンドル版無料チャプターをご参考にしていただきたい(アマゾンのサイトに行けばダウンロードが可)。

「Real_Time Marketing & PR」エッセンス版無料Eブックをダウンロード

マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボ副所長の石井裕教授が、本のカバーに次のような推薦文を寄せてくれている。

"Information is like running water. The speed of information as it cascades through digital channels has been dramatically accelerated and amplified requiring marketing to change in order to catch up to this new reality. 'Real-Time' is the keyword"

  – Hiroshi Ishii, Muriel R. Cooper Professor of Media Arts and Sciences, Massachusetts Institute of Technology and Associate Director of MIT Media Laboratory

 

また本書93ページには、日本のアマゾンの渡辺弘美氏のリアルタイム対応の素早さが紹介されている。

いまだにソーシャルメディアに懐疑心を抱き、嫌悪する大企業や重役は多いという。そんなときスコットはこう説明する。

「Social media is a tool, real-time marketing is a mindset(ソーシャルメディアはツール、リアルタイム・マーケティングは理念である)」

発売初日にアマゾンの書籍全体で10位以内にのぼり、ビジネス書で1位になったこの書から生まれる「リアルタイム・マーケティング」は、これからのマーケティングのキーワードになりそうだ。

●読みやすさ 中程度

非常に分かりやすい簡潔な英語で書かれているので、日本人にとっては小説よりも読みやすいだろう。

●David Meerman Scottのこれまでの著作

著作リスト

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0470547812http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0470547812

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0470900520 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0470900520

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0470395001 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0470395001

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0910965714 http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0970141483

ワイリー社のDavid Meerman Scottシリーズ

Dms-newrules-bannerseries

 

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0470499311 http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0470525460 http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0470583789 http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0470648287 http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0470598883

 

http://www.facebook.com/plugins/like.php?href=http%3A%2F%2Fwatanabeyukari.weblogs.jp%2Fyousho%2F&layout=standard&show_faces=true&width=450&action=like&font=lucida+grande&colorscheme=light&height=80

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

次のマーケティングのキーワードは「リアルタイム」だ Real-Time Marketing and PR」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。パナマレポート、興味深く読ませていただいております。
    パナマに行かれている間に、ちょうど上記の本を読み終わりました。前作に引き続き実例が豊富で、楽しく読むことができました。個人的には、ミュージシャンの話(壊されたギター&レイキャビークでのギグ)が鮮明に記憶に残りました。
    とりとめないですが、私のブログに感想を書かしていただきましたので、よろしければご覧下さい。
    http://irish.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/real-time-marke.html

    いいね

  2. Tomoyukiさん、こんにちは。
    コメントとブログ、ありがとうございます。
    パナマ行きと、その後の後片付け、溜ったメールの返事、忘れないうちにレポート、などなど追われていてお返事が遅くなってしまいました。
    申し訳ありません。
    ブログ拝読いたしました。
    とってもきちんと読んでいただき、Davidも喜んでおります。感謝です!
    これからもどうぞ宜しくお願いしま〜す。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中