中国式子育てが世界で一番だと信じるモーレツ教育ママの「自伝」Battle Hymn of the Tiger Mother

Amy Chua
ハードカバー: 256ページ
出版社: Penguin Press (2011/1/11)
ノンフィクション/回想録/教育・子育て
http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=1594202842 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=1594202842http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=4255005818

このブログにそろそろ作るべきなのは「著者を儲けさせるのは嫌だが、紹介せざるを得ない本」というカテゴリーだろう。これまでの代表的な作品にサラ・ペイリンの”ノンフィクション”がある。

自分で書いてもいないのに「ニューヨークタイムズ紙ベストセラー作家」を自称するペイリンと同じカテゴリーに入れたことがバレたら、自称「タイガーマザー」の著者に頭から喰われてしまうかもしれないが、私の中では「Battle Hymn of the Tiger Mother」のAmy ChuaとSarah Palinの姿が重なるのである。


「Battle Hymn of the Tiger Mother」は、ウォールストリートジャーナル紙の”Why Chinese Mothers Are Superior(なぜ中国人の母親は優れているのか)”というセンセーショナルな記事とともに刊行され、米国で話題騒然となった。

TMs_never_retreat(写真はNew York Timesより)

著者のAmy Chuaは、生まれる2年前に両親がフィリピンから米国に移住した中国系移民で、ハーバード大学卒、ハーバードロースクールを経てイェール大ロースクール教授という「誰にも分かりやすい」エリートである。だから「西洋人は子どもの育て方を知らない」と喧嘩を売るようなことを書けるし、売れるのである。
スパルタ式なんてものではない。書いてあることが本当であれば、ほぼ児童虐待である。わが子に相談もせずに演奏する楽器を選び、完璧にできないと次々と罵声を浴びせかけ、食事を抜き、零下の屋外にコートも着せずに放り出す。オーディションで5時間ぶっつづけに演奏させた後、飢えて夕食を食べたがる娘に「練習が済んでから」と夕食を拒否する。ピアノ曲を翌日までにマスターしなければドールハウスの家具をひとつひとつ寄付してしまうと脅し、それでもできなかったから、”If the next time’s not perfect, I’m going to take all your stuffed animals and burn them.”(次に完璧に弾けなかったら、あなたのぬいぐるみを全部燃やすからね)」と怒鳴りつけるのである。TVに出演して笑顔で「あれはジョークですよ」と言い訳されても、本を読む限りまったくジョークには思えない。ホラーだ。

裏表紙の引用も挑戦的だ。

中国人の子どもたちが音楽や数学で成功していることについて、「私はそれをやり遂げたから、教えてあげることができる」と宣言し、彼女の2人の娘ソフィアとルイーザが生まれたときからやるのを許されないことを箇条書きにしている。

A lot of people wonder how Chinese parents raise such stereotypically successful kids. They wonder what these parents do to produce so many math whizzes and music prodigies, what it’s like inside the family, and whether they could do it too. Well, I can tell them, because I’ve done it. Here are some things my daughters, Sophia and Louisa, were never allowed to do:

* attend a sleepover(友達の家にお泊まりにゆく)
* have a playdate (友達とのプレイデイト、つまりお遊び)
* be in a school play(学校の演劇に出演、参加する)
* complain about not being in a school play(学校の演劇に参加できないことに文句を言うこと)
* watch TV or play computer games(テレビ鑑賞またはコンピューターゲーム)
* choose their own extracurricular activities(課外活動やお稽古ごとを自分で選ぶこと)
get any grade less than an A(Aより悪い成績を取ること)
* not be the #1 student in every subject except gym and drama(体育と演劇を除くすべての教科で一番にならないこと)
* play any instrument other than the piano or violin(ピアノかバイオリン以外の楽器を演奏すること)
* not play the piano or violin.(ピアノあるいはバイオリンを弾かないこと)

これを受けたロサンジェルスタイムズ紙のChris Erskineの評が可笑しい。

Chua also says, “Chinese parents can order their kids to get straight A’s. Western parents can only ask their kids to try their best.”

That’s not true. I also order my kids to get straight A’s. When they don’t, we abandon them at the side of that dusty road near Victorville. You might’ve spotted them wandering aimlessly on your way to Vegas.

Whatever you do, don’t feed them.

Did you get straight A’s, Dad?” one of them asked when I dropped him off.
“I want better for my kids,” I explained and zoomed away.
Sometimes, I’m such a Chinese mom it’s ridiculous.

チュアは「中国人の親はわが子にストレートA(全教科でA評価を取ること)を要求することができるが、西洋人の親はわが子に全力を尽くすことしかお願いできない」とも書いている。

そんなことはない。ワシだってわが子にストレートAを取るように命じている。こどもたちがその命にそむいたら、 Victorville 近くの埃だらけの道ばたに捨ててくる。行き場もなく彷徨う彼らの姿を、読者はラスベガスに向かう途中でみかけるかもしれない。

だが、間違っても餌は与えてくれるな。

置き去りにするとき、わが子のひとりが訊ねた。
「お父さんもストレートAをとったの?」
「ワシは、わが子にはより良いものを求めるのじゃ」
そう説明してやり、ワシは走り去った。
ときおりワシは、あまりにも中国人のお母ちゃんすぎて笑えるくらいだ。

バッシングを恐れたのか、チュアは「本書で呼ぶ『チャイニーズ・マザーとは中国人に限らない』と、韓国人や他の人種にも『中国人の母』がいると説明している。でも「日本人の母」はどうやら「中国人の母」になるには、甘すぎるようで徹底的に無視されている。次女のために渇望したバイオリンの先生は日本人のようだが、そういった矛盾もChuaの得意分野のようである。

むろん中国人の親が全員タイガーマザーのようだとは思わないが、チュア的な中国人のお母さんもけっこう知っている。特に思い出すのはCさんだ。「白人は馬鹿だ(Whites are stupid!)」など、数々の名言を残している。以来、わが家では半分白人のわが娘のことを「ハーフ・スチューピッド」と呼んでいる。プレイデートをするだけチュアよりましなお母さんだったかもしれないが、プレイデートのたびに私の娘をドッグレースのウサギに使うのが困った。そのせいで彼女の娘が私の娘にあれこれ意地悪をして、すごく迷惑だったのだ。テストの点、水泳のタイム、ピアノなどを比べる彼女に「私の教育方針と沿わないので、比べないでください」とお願いしても「そうやってお互いが伸びるのだ」とかえって説教され、結局縁を切ることになった。

そういう周囲の迷惑は考えたことがないのだろうなあ、この著者は…。

「2人の娘をこんなに優秀に育てたのが中国人母親式育て方が正しい証拠だ!」とChuaは言いたいようだが、ちょっと待て。彼女がハーバード大学ロースクールで出会った伴侶はユダヤ系アメリカ人で、同じくイェール大学ロースクールの教授ではないか!しかも、The Interpretation of Murder というまあまあ面白い歴史スリラーも書いている(数年前に読んだことがあったので驚いた)。本書の中で「子ども時代は、奔放さ、自由、発見、経験に満ちているべきだ」と主張する姑を馬鹿にしていたChuaだが、ロースクールの教授でありながら歴史小説を書く創作能力がある息子を育てたのだから、この場合は中国式よりユダヤ式のほうが勝ちではないだろうか?

こういった箇所を含め、法学の教授だというのに思考回路がまったく論理的ではないのには驚いた。実はこの突飛な思考回路のせいで、本書には笑えるところがけっこうある。たとえば次のようなところだ。

Speaking of personalities, I don’t believe in astrology — and I think people who do have serious problems — but the Chinese Zodiac describes Sophia and Lulu perfectly.

(性格についての話だが、私は占星術は信じていないし、信じている人は相当頭がおかしいと思っている。けれども、中国の十二支はソフィアとルルの性格を完璧に言い表しているのだ)

こういう「唖然」とする場所を楽しんでしまうと、けっこう娯楽作品といえる。だが間違っても「ハウツー本」と思ってはいけない。

ペイリンの自称回想録が、実は「パラノーマル・ロマンス」だったとすれば、チュアの自称回想録は「サイコホラー・ユーモア」であろう。

●読みやすさ やや簡単

それぞれの文が異常なほどに簡潔で短いので、読みやすいと思います。難しい言葉もありませんし、メッセージの繰り返しも多く、ヤングアダルトの小説程度の英語力で十分読めます。

●対象となる年齢

小学生でも読もうと思ったら読めます。
「こんなお母さんでなくて良かった!」とありがたがってもらえるかもしれません。私は高校生の娘に読ませていますが、読み始めてから私に親切です。意外な場所で効果あり!?

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

中国式子育てが世界で一番だと信じるモーレツ教育ママの「自伝」Battle Hymn of the Tiger Mother」への16件のフィードバック

  1. 自分の中の揺らぎをコントロールできているうちは鋼のように生きていけるのかもしれないけれど。思ってもみないことで折れたら…といらぬ世話をしてしまう。

    いいね

  2. 待ってました! 私も今、読んでいる最中ですが、私も、Zodiac signのくだりでは唖然としました。突っ込みどころの多い本ですよね。
    うちも、9歳と13歳の子どもたちがWSJの記事を読んで、私に感謝を示してくれるようになりましたよ。「うちのママはこんなじゃなくてよかった」と。その意味ではチュア氏に感謝しています。(笑)

    いいね

  3. Momoaoさま
    ここに書き忘れたのですが、著者の次女が猛烈に反抗するんです。
    そのときに、中国式は失敗の対処には弱いことを認めています。それを考慮に入れていないからなんですね。
    著者いわく、そこで学びがあったのがこの回想録の回想録たるところなのですが、私は全然学びがあったようには感じませんでした。

    いいね

  4. はちこさま
    私が大笑いしたのはCocoのところ。犬にまで中国人の母をしてどうするんだって…。
    こんなことしなくても、子どもはちゃんと育ちますよね。
    Abuseせずにきちんと育てるほうが手間がかかる、ということをタイガーマザーは知らないし、知っても認めなくないんでしょう。
    実は、夫にも読むようすすめています。良い妻に感謝してくれそうだから(笑)

    いいね

  5. ゆかりさま
    図書館には絶対入ると思います。
    でも予約しないとなかなか回ってこないでしょうね。人気ありそうですから。
    私は今度友人たちとブッククラブします。

    いいね

  6. ゆかりさん、
    私も、WSJの記事を読んだり(職場の先生が持ってきてくれました)NPRでインタビューを聞いたので、この本のことについてとりあげてくれないかなあ~、と思っていたので、楽しく書評を拝見しました。
    私も娘にこのお母さんはこんなに厳しいんだよ~と、禁止項目を読み上げたところ、「ママみたい」と言われました(涙)。
    子育ては、いつも試行錯誤です。

    いいね

  7. こんにちは。いちファンとしていつも楽しく読ませていただいています。昨日こちらに来させていただいて、渡辺さんのご意見にうなずきながら、ちょうど今日「TIME」(アジア版)の封をあけるとに特集が組まれていて、一英語学習者ではありますが、日本の「教育ママ」の1人として(8才の子供がいます)興味深く記事を読みました。
    http://www.time.com/time/nation/article/0,8599,2043313,00.html
    確かに上海とか知っている限りでは台湾でも朝の7時ぐらいから夜までぶっ続けで学校でスパルタ教育受ければそういう結果がでるでしょうが。で、いつ遊ぶんでしょうかね?1人で、または親との、友人との「遊び」を通しての「学び」がなければ、大人になったときに思いやりをもった人間に育つんでしょうかと思いました。子どもがとっても繊細な子だったら?
    日本も今「脱ゆとり教育」でゆれている最中です。「詰め込み」「ゆとり」いったりきたり。教育現場のはしくれに立つ立場としても、それに振り回される子供の変化にとまどうばかりです。いつかいい意味でタイムにも「日本式」?が取り上げられる日がきますように。

    いいね

  8. アリゾナさん、こんにちは。
    子育ては「いつも試行錯誤」は本当です。
    子どもの状態を見ながら、毎日のように大小の軌道修正をする必要がありますよね。
    でもChua氏はそういうところがほとんどないのです。
    「このやり方が正しい」と思い込んだら子どもがどんな反応をしても、軌道修正なしにまっしぐら。
    昨夜のミーティングの後、出席者の間でこの本の話になったのですが、中の一人が「僕、著者を知っているんだ。以前同じ町に住んでいたからね。彼女の娘と僕の息子は同級生だったし」と、言い出して、びっくり。「彼女は頭が良いし、ナイスだよ。そして優秀なセルフプロモーター。どうやったら本が売れるのかよく知っているんだ」とのことでした。

    いいね

  9. Angelさん
    Timeのアジア版の記事、ありがとうございます。
    今、いろいろとリサーチをしているところなのですが、「遊び」は非常に重要だと思っています。
    ピアノやバイオリンで卓越するためには長時間の練習が必要だというのも事実です。私の娘は6才から競泳をしていましたが、似たようなものです。毎日6時間から8時間を水泳のために費やすので他になにもできなくなります。
    ですが、その中で、知的かつ、思いやりがあり、想像力もあるバランスのとれた子に育てるのか、というのが親のチャレンジなのですよね。
    それをやるのは、著者のChuaがやっていることよりも、もっともっと大変です。でも、rewardも大きいと思うのです。
    また、いろいろご意見お聞かせいただければ嬉しいです。

    いいね

  10. はじめまして。時々読ませていただいています。
    >「彼女は頭が良いし、ナイスだよ。そして優秀なセルフプロモーター。どうやったら本が売れるのかよく知っているんだ」
    仮にそうだとしたら要するに「ウケ狙い」で本を書いているわけですから、そういった姿勢は私には尊敬できるものではありません。

    いいね

  11. こんにちは、Ellieさん
    そうですね。
    私もその人に「お金儲けのために使われている子どもや家族は被害者ですよね」と言いました。彼も「良い人」というのは、悪口を言いたくないからのような感じでした。

    いいね

  12. 私はまだ本を読んでいないのですが、息子に説明したら、You are closed to Tiger Momと言われてしまいました。いやいやTiger Momに比べたらゆるゆるです。
    ユダヤ系のだんなさんは、食事抜き、とかいう児童虐待もどきのやり方にはなにも言わなかったのでしょうか?子供の教育は一切母親にまかせたとか?それでは親としての責任は果たしていませんよね。

    いいね

  13. クワストさん、こんにちは
    ユダヤ系のご主人とは相当対立したと思います。その緊張感は十分感じましたよ。本にあまりご主人が出てこないのは、自分を間違って表現されたくないというご主人の希望だったようです。
    私はタイガーマザーではありませんし、「勉強をしろ」と言ったことはありません。でも、hardworkによって達成する小さな成功の積み重ねを教えることには熱心でした。本人が気付く前にそういうことを教え込んでしまい、中学以降自分で勝手に勉強や音楽などをするようにするよう基礎作りをするのは、将来のために必要だと思っています。

    いいね

  14. 読了しました。
    前半は、彼女のこの極端な書きっぷり(とてもイエール法学院教授とは思えない論理の破綻とか)は、娯楽読み物として読者を楽しませるための、彼女の芸風に違いない!と思いながら読んでいました。
    また、表面では「私の中国式のやり方がいちばん!」と豪語しつつ、実は自分を意図的にコケにして、家族に感謝を愛情を示しているのではないか、だとしたら泣かせるじゃないか、とさえ思いました。
    でも、最後まで読んでみて、やっぱりそうじゃない、彼女は本気だったんだ、と感じて、なんとも虚しくなりました。
    特に赤の広場のレストランでルルに激しく反抗され、泣きながら走り去ったくだりには、唖然としました。これが母親のすることでしょうか。普通は、子供の方が泣きながら走り去り、落ち着いてから反省して戻ってきたところを、親が暖かく受け入れるものだと思いますが、彼女の場合は逆!
    彼女は結局、いつだって自分のやりたいようにやって、家族に赦され受け入れてもらいながら、ここまで来たのだと思います。それなのに、娘たちがいい結果を出したのは、自分のやり方のおかげだと信じ込んでいるのには驚かされます。
    長女ソフィアは、母親を弁護するような、感謝をあらわした母親宛のオープンレターを公開していますよね。彼女は幼い頃から、母親に不満を覚えつつも、長女の性か、母親をかばい、喜ばせ続けてきたのではないでしょうか。ソフィアのオープンレターも、その延長に過ぎないように感じて、彼女が可哀想になりました。
    依存症など何らかの問題を抱えた親を、精神的に(時には物理的にも)親代わりとなって世話をしながら育った人を「アダルトチルドレン」と呼びますが、ソフィアはまるでそれではないかと感じてしまいました。
    せめて大学は、母親から遠く離れたところに行って、母親の影に支配されることなく、母親を喜ばせたり面倒みたりすることを心配することなく、自由にのびのびと自分の人生を生きてほしいものだと、つくづく思いました。
    子供たちはまだ18歳と15歳。そもそもチュア氏が子育てのメモワールを書くには時期尚早だったのではないでしょうか。現時点でこのようなものを出版したりして、それが今後のお子さんたちにとって、精神的な足かせにならなければよいのですが…
    ちなみに、子供の自尊心を守るためと称して、コンフロントすべきときにコンフロントできず、やたらほめちぎったり腫れ物をさわるようにした子育てには以前から疑問があったので、その意味ではチュア氏の論調に溜飲が下がる思いがした部分があったのも事実ですが…
    長々と失礼しました!

    いいね

  15. はちこさま
    私も昨日ツイッターでソフィアはアダルトチルドレンではないか、と書いたところでした。
    そして、子育てのメモワールを書くのは時期尚早というのも同感です。子どもにとって非常に迷惑ですよね。
    Chua氏は、「一番になること」を唯一の徳として育ったので、人間的に成長できなかったと思うのです。悪いことに、それを自覚していないから、わが子も同じバリューで育てようとしているわけですね。
    Nuture Shockにも書かれているように、根拠のない自尊心を与えるとかえって子どもはダメになるという研究結果があります。ですから、ハードワークによる成功の経験は必要なのですが、虐待する必要はまったくない、というのが私や友人たちの意見です。実行していらっしゃるはちこさんは、もうよくご存知のことですが、そのあたり、分かっていない米国人は確かにいますね。
    彼女はTVのインタビューなどで「これは回想録。私は学んで変わった」と言いますが、最後まで変わったとは思えませんでしたよね。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中