洋書に挑戦してみましょう!

ひとり井戸端会議」のほうにあれこれ書いたのですが、震災後、苦しんでいる方々の役に立てないもどかしさ、安全な場所で生活する罪悪感で落ち込んでいる日本人は私だけではないと思います。

いろいろ考えたのですが、こんなときだからこそ、直接被害を受けていない私たちが未来に向かって元気を取り戻さなければならないとも思うのです。

(さらに…)

読書指導とマーケティング相談について

「私にあった本を紹介してください」「どうやったら洋書が読めるようになれますか?」といった個人の方や、「お知恵を拝借したい」といった業界の方からのご相談をよくいただきます。

なるべくお答えしてきたのですが、私の立場を誤解している方が多いのが明らかになってきましたので、あえてご説明させていただくことにしました。

まず、このブログで無料で多くの情報をお伝えしているのは、洋書を読む人口を増やしたいという目標のためであり、それは本の世界に救われた私なりの「恩返し」のつもりです。

ただし、このブログを続けていくためには膨大な本代が必要であり、それは私が仕事をした貴重な報酬から捻出しなければなりません。(ちなみに、フリーランスには「月給」というものがありません。働かなければ収入はゼロです)。また、1日は24時間しかなく、その中から仕事をする時間+本を読む時間+ブログを書く時間を作らなければなりません。

「お知恵拝借」の「知恵」とは、私が仕事としてやっているマーケティングや本関係のコンサルティング業です。

日本にあまりそういう習慣がないから、「有料なんて!」と驚き、「守銭奴だ」と憤慨される方もいらっしゃるようですが、私の「アイディア」や「指導」は、私自身が何十年もかけて努力して積み上げたものであり、個々に時間をかけて丁寧に作るものです。だから、形がないだけで、みなさんが大事にしているバッグやレストランの食事と同じなのです。

そして私は、鞄職人やシェフのように、私にしかないユニークな体験と視点を誇りに思っています。(例:文筆業ケイクスの連載ニューズウィークの連載、 トークイベントなど)

ですから、私の専門性をみこんで「指導」や「相談」をお求めの方は、仕事としてご依頼いただければ幸いです。

 

相談とコンサルティングのコスト

他の仕事で時間が取れない場合もありますので、あらかじめご了承くださいませ。

1.スカイプでの指導

 30分(+内容確認のメール2回まで) 100 ドル

1時間(+内容確認のメール2回まで) 160 ドル

2.メールでの指導

1週間(メール5回程度まで)100ドル

2週間(メール10回程度まで)180ドル

3.コンサルティング

1ケース(1日以内にできる内容) 500ドル

継続的なケースなど、その方の仕事の内容によりご相談に応じます。

*ご興味がある方は、yukariwatanabeあっとgmail.com宛てにご相談ください。

洋書ファンクラブJr.の生徒さんが選んだコールデコット賞

Caldecott-547 コールデコット賞(あるいはカルデコット/コルデコット:Caldecott Medal)は、アメリカ図書館協会(ALA)の下部組織である(ALSC)が米国でその年に出版された最も優れた子ども向け絵本のアーティストに与えられる賞です(本ではなく、アーティストです。ウィキピディアの記述はそこが間違ってますので要注意)。

(さらに…)

アマゾンの新出版プログラム第一弾。セス・ゴーディンのPoke the Box

Seth Godin
ハードカバー: 96ページ
出版社:The Domino Project(Amazon)
 (2011/3/1)
ビジネス/啓蒙書

Poke the box

 

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&ref=ss_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&ref=ss_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr

 

以前お話ししましたが、The Domino Projectは作家セス・ゴーディンの独立した出版社であり、Powered by Amazonというプログラムを利用した最初の出版企画です。そして、本書 Poke the Boxが、The Domino Projectが出版する第一作なのです。

(さらに…)

私の大好きな作家ケイト・モートンの最新作 Distant Hours

Kate Morton
ハードカバー: 576ページ
出版社: Atria
 (2010/11/9)
文芸小説/歴史/ゴシックミステリー

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&asins=1439152780 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&asins=1439152780

 

  1941年に投函された手紙が1992年にようやく宛先に届く。
ロンドンの小さな出版社で編集をしているEdith(イーディス)は、手紙を受け取った母Meredith(メレディス)の不可解な反応に好奇心を抱く。手紙は、第二次大戦中に母が疎開していたMilderhurst Castle(ミルダーハースト城)に住むJuniper(ジュニパー)という女性からのものだった。「Too late(遅すぎる)」とつぶやいて涙を流した母は、イーディスが訊ねても何も語らない。

(さらに…)