日本のアマゾンがプリント・オン・デマンド(POD)を開始

日本のアマゾン(amazon.co.jp)が、プリント・オン・デマンド(POD)を開始しました。

ピクチャ 3


オンデマンド印刷技術を利用し、1冊の注文でも印刷して出荷してくれるものです。このプログラムが適用される書籍は、常に出荷可能な「在庫あり」の状態になります。

出版社・著者にとっては次の利点があります。

絶版本や希少本、特注本、外国語や大活字版など、従来は比較的コストがかかっていた商品でも、国内のお客様に低コストで提供できるようになる
大量の部数を印刷するリスクと、在庫を保管する費用を軽減できる
海外の出版物を、日本への輸送費、日本での在庫を保管する費用などを軽減して、日本にて販売することができる
日本の出版物を流通コストを軽減して、海外にて販売することができる

 

海外在住の日本人のほうが、日本の活字に飢えている部分があります。本当はキンドルで何でも読めるのが一番なのですが、それがまだ実現していない現在では、海外でのオンデマンドの需要はあるかもしれません。この場合はコストが勝負でしょう。日本の価格の1.5倍くらいであれば購入する人はいるかもしれませんが、それ以上になったら、日本の知人から送ってもらうとか工夫するでしょうし、需要は少ないと思います。

当分は希少本、特注本など非常に高価な書籍が対象で、廉価で大量に売る類いの小説やビジネス書、ハウツー書には向かないような気がします。

それより、横書きでいいから、早くキンドルで日本語書籍を売れるようにして欲しいです。そうしたら、売るためのPRはお手伝いしますよ(笑)

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 多くの職を体験し、東京で外資系医療用装具会社勤務後、香港を経て1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 100 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中