米国の図書館でキンドル電子書籍の貸し出しサービス開始予定

本日の米国Amazonの発表によると、今年の末には、全米11,000の図書館からKindleで電子書籍を借りることができるようです。


借りた電子書籍には、購入した書籍のようにハイライトやメモをつけることができるとのことです。次に借りた人にはそれが見えませんが、また借りたときには自分のつけたハイライトとメモが読めるとのことです。Kindleのデバイスがなくても、iPadやiPhone、PC, MacにKindleのアプリをダウンロードしていたらそれで読むことができます。

これは米国のKindleユーザーにはとても嬉しい話題です。地元の図書館から電子書籍が借りられるんですから!

ピクチャ 5

この際にKindle購入を考える方には、いま、コマーシャル付きのお徳用も出てますよ。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=B004HFS6Z0

 

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 多くの職を体験し、東京で外資系医療用装具会社勤務後、香港を経て1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 100 reviewer.

米国の図書館でキンドル電子書籍の貸し出しサービス開始予定」への3件のフィードバック

  1. ゆかりさん、
    Kindleのニュースお知らせありがとうございました。これからももう少し勉強してみます。

    いいね

  2. Urin0729さま、
    日本の電子書籍ビジネスは読者のことをあんまり考えていない状況ですから、たぶん近い将来に実現することはないでしょうね。
    残念なことだと思っています。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中