スティーブン・キングが2010年の「ベスト・サスペンス」に選んだ I’d Know You Anywhere

Laura Lippman
ペーパーバック: 400ページ
出版社: William Morrow Paperbacks
2010/8/17
心理サスペンス
2011年エドガー賞候補

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0062070754 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0062070754

 

平凡な主婦のEliza Benedict(イライザ・ベネディクト)には、15才のときにWalterという男に誘拐されレイプされたという過去がある。マスコミに騒がれた過去を切り離すために名前を変え、20年以上たったというのに、死刑囚として服役中のWalterから突然手紙が届く。刑務所で偶然読んだ社交雑誌に載っていた写真から、Elizaの今の名前と住処を探り出したらしい。


死刑の執行日が確定したWalterは、Elizaから何かを得たいと思っているようだ。だが、それが何なのかを彼はなかなか明らかにしない。Walterの手助けをしているのは、 Barbara LaFortunyという中年の女だ。死刑囚のアドボケイトという立場だが、Walterに対して異常な執着心を持ち、Elizaの日常生活を心理的に脅かす。

実は、Elizaの誘拐事件には不可解なところがあった。他の少女はすべて殺害されたのに、彼女だけが殺されなかったのだ。それはなぜなのか?当時、「Elizaは実はWalterのガールフレンドであり、犯罪を助けた」という説の本を出したジャーナリスト気取りの三流物書きがいた。Barbaraはその自称ジャーナリストまで巻き込み、WalterのためにElizaを動かそうとする。

ついにElizaはWalterと再会することになるが…。

スティーブン・キングが「The Best Suspense Novel of the Year」と呼んだ、2011年エドガー賞最終候補作。

●ここが魅力!

女性のミステリー作家のほうが心理ミステリーは面白い、というのが私の意見です。そして、男性作家はハードボイルドが得意です。

たぶん、女性のほうが陰湿な人間心理をよく理解でき、そういう人間観察が得意だからではないかと思うのです。そして、男性は現実以上に「ロマンチスト」。そこが不気味な心理ミステリーとハードボイルドの差ですね。

Laura Lippmanのミステリーが面白いのは、「嫌な奴」の説得力ある心理です。その不気味さがリアリスティックで、読後もじわ〜っとくるのです。この心理ミステリーもそうで、はっきりしたミステリーが好きな人には「かったるい」と感じるかもしれませんが、リアリティある心理スリラーが好きな人には面白く感じるでしょう。

Lippmanの最高傑作ではありませんが、他のミステリー/スリラーに比べると、レベルが高い作品です。

●読みやすさ 普通〜やや難しい

コージーミステリーなどに比べると難しいです。けれども、普通の文学を読み慣れている人には簡単です。文章力がある作家です。

●お薦めする年齢

それほど露骨な表現ではありませんが、 性的な話題/シーンがあります。高校生以上。

http://www.facebook.com/plugins/like.php?app_id=208491285860000&href=http%3A%2F%2Fwatanabeyukari.weblogs.jp%2Fblog%2F&send=false&layout=standard&width=450&show_faces=false&action=like&colorscheme=light&font=arial&height=35

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中