ジョン・ハートの新作は、男性にとってのロマンスブックかも Iron House

John Hart
ハードカバー: 432ページ
出版社: Thomas Dunne Books
発売日:2011/7/12(来週火曜日
スリラー/ミステリー/マフィア

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0312380348 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0312380348

ニューヨーク・マフィアの大物が息を引き取ろうとしていた。
その大物から実の息子よりもかわいがられ、「Old Man(おやっさん)」として尊敬と愛情を抱く暗殺者のMichaelは、好きになった女性Elenaと普通の人生を送るために足を洗ったのだった。 Old Manは組織を去ることを許してくれたが、後継を狙う息子Stevanと暗殺者の幹部Jimmyの2人はMichaelが抜けることを許さなかった。ボスが死んで保護が消えたときに、MichaelとElenaの平穏な生活は終わった。


StevanとJimmyの2人がElenaが働く高級レストランを爆破して多くの死傷者が出たが、Elenaは偶然に難をのがれた。Michaelは、幼い頃に生き別れになった弟のJulianの無事を確認するためにElenaを連れて南部に向かう。道中で初めてElenaはMichaelの正体を知る。

MichaelとJulianは、Iron Houseという孤児院で育ったのだが、上院議員の妻Abigail Vineが訪問した日に起きた惨劇のために、JulianだけがVine夫婦に引き取られた。Julianは有名な児童作家になっていたが、統合失調症があり、Michaelが訊ねたときにはちょうど最も悪化している最中だった。数日前に何かが起こり、それが引き金になったようだが、誰にもその理由は分からなかった。

原因を調べているときに、Michaelは朽ちたボートハウスで死体を発見する。それは、昔Iron HouseでJulianを虐待した少年グループのひとりだった。Julianが事件に関わっていると思ったMichaelは死体を湖に沈めるが、それを目撃したElenaは、冷酷な態度にショックを受けてMichaelの元を去ってしまう。

2人を追っていたJimmyはひとりになったElenaを誘拐し、それでMichaelを釣ろうとする。しかし、それを知らないMichaelはElenaが母国に帰国してしまったと思い、彼とJulianの過去に関わっていそうな事件を解決しようとする。

これまで書いた3作「The King of Lies」「Down River 」「The Last Child」すべてがエドガー賞候補になり、そのうち過去2作がエドガー賞を受賞しているハートの最新作。

●感想

書いた作品3作全部がエドガー賞候補でそのうち2作がエドガー賞受賞となると、4作めも「エドガー賞か!」と期待したくなるのが読者です。
でも、著者にとってはプレッシャーがすごいでしょうね。ちょっと同情。

エドガー賞にふさわしいかどうかはさておき、今回のIron Houseは、以前よりも「男のロマン」が強く押し出されているような気がしました。

主人公のMichaelは、逆境にもクールに対応する肉体的にも精神的にもタフな男です。冷酷に人を殺し、多くの人から怖れられているくせに、女性を愛することにかけては100%純粋。しかも、マフィアのボスには父親に対するような愛情と尊敬の念を抱き…と、ちょっと「できすぎ」ですが、男性の読者が感情移入するには、最高のキャラではないでしょうか。途中でふと思ったのですが、これは非常によくできた、男性にとってのロマンスブックなのではないでしょうか! 強くてクールな主人公、タフだけれども主人公を純粋に愛して頼る美女、アクションの数々、外には出さないけれども心の中に激しく燃える情の強さ…といった男性にぐっとくる「ツボ」を心地よく押してくれるのです。

私の好みから言うと少々メロドラマ的すぎるし、マフィアの大物との関係を美化しすぎで、展開がご都合主義すぎます(これまでのハートの作品で私が一番好きだったのはDown Riverです)。とはいえ、どんどん読み進めたくなる娯楽作品としてはIron Houseは成功していると思います。私は、エドガー賞にふさわしい作品とは思いませんが、ノミネートはされるかもしれませんね。

●読みやすさ 普通

ジョン・ハートは、通常のミステリー作家より遥かに文章力があります。特に難しい言い回しをしているわけではありませんが、語彙は他の作家より豊富です。
これまでいくつか大人向けの小説を読んでいる人であれば、読みやすく感じる筈です。

●おすすめの年齢層

性的表現よりも暴力シーンが多い作品です。高校生以上。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中