米国の図書館でキンドル電子書籍の貸し出しサービス開始

以前にお知らせしたことの続報ですが、本日、全米11,000の図書館で、キンドルの電子書籍貸し出しサービスが始まりました

と言っても、MacmillanやSimon & Schusterなど貸し出しに同意していない出版社はありますし、借りられる本の数は限られています。これからも、図書館、出版社、アマゾンがネゴシエーションを続けてゆくとみられています。


近所の図書館では、以前からOverDriveで電子書籍とオーディオブックの貸し出しをしているのですが、Nook やSonyの電子書籍リーダー、Windows対応のものが多く、MacとKindleを使っている私が借りられる本が殆ど見当たりません。あっても、とくに借りたくないものばかり。Kindleで貸し出しが始まると嬉しいのですが、新刊書やベストセラー、数の面ではあまり期待していません。

コメントを残す