Amazon依存症を増やすための、新しいキンドル製品群

9月28日、AmazonがKindleの新製品群を発表しました。

以前から噂になっていた、カラータブレットのKindle Fireに加え、Einkを使った白黒のタッチパネルの2品、たった79ドルの廉価版Kindle が加わり、ますます(米国では)他の電子書籍リーダーを買う必要がなくなってきた感じです。

ピクチャ 16
 


最も注目されているKindle Fire は、カラータブレットであるゆえにiPadと比較されがちです。以前もそういうことがありました。特に日本にお住まいで、日常的にKindleで読書をしていない、ガジェットがお好きな方には見えにくいことは、「Kindleは、根本的に『読書』のためのディバイスである」という揺るがない事実です。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=B0051VVOB2

Kindle Fire は、カラーのタッチスクリーンで、電子書籍、新聞、雑誌、文書、ゲーム、オーディオブック(これらは他のKindleでも利用可)に加え、映画、テレビ番組、アプリケーションが使えます。これまでの「読書のためのデバイス」から「Amazonクラウドのためのデバイス」として一歩踏み出したわけですが、Amazonの姿勢が変わったわけではありません。 彼らは、最初から「Amazon依存症」の人々を増やすことに力を尽くしており、その結果がAmazonクラウドなわけなのです。 最初は「書籍」だけでしたが、読書をする人が、他のモノも買うことを見いだし、それらの人々が買いたいものを、買いやすくしてやることに集中して来たAmazonの偉いところなのです。だから、分かっていても、私は喜んでAmazon依存症になっているのです。

ここが、失敗している会社とAmazonの差なのです。

注目のKindle Fire についてです。

何といっても値段が魅力的です。199ドルであれば、あまり悩まず、衝動買いする人もいるでしょう。わが家も、初代からのKindleが合計4台あるというのに、夫と私と二人とも予約注文しました。

これまでのKindleでもウェブを読むことはできましたが、パソコンを使うような感覚ではなく、「外出時、緊急事態専用」(つまり、別に利用できるものがないときにしか使わない)でした。Kindle Fire は、もっとパソコン感覚で使えそうです。そして、gmailやYahoo mailといった電子メールも使えるそうです。ちょっとした外出であれば、かさばるiPad(9.5インチ、601グラム)ではなく、コンパクトなKindle Fire(7.5インチ、414グラム)だけを持って出かけたいと思うでしょう。

白黒のタッチスクリーンも魅力的です。特にKindle Touch 3G は、Wi-Fiに加えて3Gが無料で使えます。外出先でWi-Fi接続がないことはよくあり、そういうときに3Gで本をダウンロードしたり、ネットをチェックしたりできるので、とても便利なのです。現在持っているKindle3でも何度も利用しました。Kindle FireはWi-Fiだけなので、その点ではKindle Touch 3Gのほうが、魅力的です。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=B005890G8O

映画なんかどうでも良い、という読書家には、Kindle Touch 3Gのほうが良いかもしれませんね。

また、ちょっと試してみるだけでしたら、79ドルのkindleという選択もできました。これではオーディオブックを読むことはできません。基本の基本型です。

 

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=B0051QVESA

*日本からはまだ購入できない可能性もありますので、その旨、ご了承ください。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 多くの職を体験し、東京で外資系医療用装具会社勤務後、香港を経て1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 100 reviewer.

Amazon依存症を増やすための、新しいキンドル製品群」への2件のフィードバック

  1. 新製品のこと、気になっていたので、この記事は参考になりました。
    この春、キンドルを買いましたが、日本では、私のいる奈良地域では3Gは使えませんとのことで、Wifi版にしました。ネット接続の有効範囲も拡大されるといいのでうが。読書器としてのキンドルには100%満足しています。

    いいね

  2. 日本でも、キンドルで買える日本語の本が増えれば、あっと言う間に普及しそうだと思います。それができない理由は、複雑な日本の出版業界の事情の絡み合いなのだと思います。
    「日本で本が売れなくなっている」のも、同じように、「業界の事情」が「消費者のニーズ」や「消費者を育てる」ことよりも重視されているからだと思っています。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中