「猛スピードで移り変わるニュースをハイジャックしてしまえ」というマーケティング本

Newsjacking-cover旧来のPR(広報、宣伝)のモデルは、前もって作成したものをキャンペーンのタイムラインに沿って展開するものです。けれども、現在はそれでは効果があまり出ないようになっています。インターネットとソーシャルネットワークの普及により、一般人の関心はどんどん移り変わります。せっかく時間をかけてストーリーを作り上げても、大衆の注目を浴びるニュースが起きたら、みんなの関心はそちらに移り、努力は泡になってしまいます。

そのニュースのスピードを逆に利用し、大衆が注目しているニュースに自分の発想やプロダクトを「リアルタイム」で組み込み、マスコミ報道を利用して広めてしまおう、というのが「NewsJacking(ニュース+ハイジャック)」という新しいマーケティングの発想です。

詳しくは、David Meerman Scott(情報公開:私の夫)のブログをどうぞ。

 

 

(さらに…)

矛盾した夢想家 Steve Jobs

Walter Isaacson
ハードカバー: 656ページ
出版社: Simon & Schuster
ISBN-10: 1451648537
発売日: 2011/10/24
伝記

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=1451648537 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=1451648537

2011年10月5日に亡くなったアップルの共同創業者でCEOのスティーブ・ジョブズ公認の伝記である。

ジョブズが自ら著者に執筆を依頼したのだが、非常に興味深いのは、コントロール・フリーク(すべてを自分の思い通り、理想どおりに操りたい性格)の彼が著者をコントロールしようとしなかったことである。それゆえ、ジョブズが破滅させた者や彼を憎んでいる者の取材もきちんと行われており、この矛盾した夢想家の多面性が鮮やかに描かれている。

(さらに…)