「猛スピードで移り変わるニュースをハイジャックしてしまえ」というマーケティング本

Newsjacking-cover旧来のPR(広報、宣伝)のモデルは、前もって作成したものをキャンペーンのタイムラインに沿って展開するものです。けれども、現在はそれでは効果があまり出ないようになっています。インターネットとソーシャルネットワークの普及により、一般人の関心はどんどん移り変わります。せっかく時間をかけてストーリーを作り上げても、大衆の注目を浴びるニュースが起きたら、みんなの関心はそちらに移り、努力は泡になってしまいます。

そのニュースのスピードを逆に利用し、大衆が注目しているニュースに自分の発想やプロダクトを「リアルタイム」で組み込み、マスコミ報道を利用して広めてしまおう、というのが「NewsJacking(ニュース+ハイジャック)」という新しいマーケティングの発想です。

詳しくは、David Meerman Scott(情報公開:私の夫)のブログをどうぞ。

 

 

本日発売のNewsjackingの形式は、電子書籍(ebook)のみです。

リアルタイムのマーケティングの重要さ、そしてニュースをハイジャックするというスピード感を伝えるためには、やはり電子書籍が最も適切だからです。

 

AmazonのKindle , アップルのiBooks Store(iPad, iPhone対応), Scribd(コンピューター対応)など、多くの電子書籍リーダーで読むことができます。バーンズ&ノーブルのNookとソニーの電子書籍リーダーからも近日中に読むことが可能になる予定です。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=B0065MKMMS

フルカラーのインフォグラフィックとイラストが満載されています。明日あたり発売のKindle Fireでは、それらのカラフルなグラフィックも楽しめます。

たとえば、下記のインフォグラフィックは、ニュースジャックまでの3つのステップを示したものです。

1)ハイジャックするニュースをみつける。

2)それをどう利用するのか、戦略を練る。

3)実行(この際、決してやってはならないことも書かれています)

Newsjacking

 

コメントを残す