明るい気分になりたいときに読み返す児童書ファンタジー「Howl’s Moving Castle」

Dianna Wynne Jones
ペーパーバック: 448ページ
出版社: Greenwillow Books
ISBN-10: 0061478784
ISBN-13: 978-0061478789
発売日: 1986年
ファンタジー/児童書(小学校高学年以上)

日本では宮崎駿(スタジオジブリ)の「ハウルの動く城」の原作として知られているが、それよりずっと前から英語圏の子どもの間で人気があった作品である。

原書はジブリの「ハウルの動く城」より登場人物も多いし、筋書きも複雑である。ソフィは三姉妹の長女で、従順すぎるくらい従順だけれど、Witch of Wasteに老女にされてしまってからは、「もうこの歳になったのだから、言いたいこと、言わせてもらいまっせ」という感じの豪快なキャラに変身する。
アニメのキャラクターも好きなのだが、私は原書のキャラたちのほうにもっと親しみを感じている。彼らのやりとりを読むと、お腹の底から笑いがこみあげる。

ソフィが風呂場を掃除した後にハウルの髪の色が変わってしまった後、パニックを起こして落ち込み、緑色のドロドロが出てくるが、あれはジブリのオリジナルではなく、原作にちゃんとあるのである。そのときのみんなの対応も可笑しい。

私は、ちょっと暗い気分になったときなどに、ソフィ、ハウル、マイケル、カルシファーと会いに行くような感覚で、ときおり読み返してみる。昨日もちょっと読み返したのだけれど、何度読んでも楽しい本である。
まだ読んだことのない人は、ぜひお試しあれ!

●読みやすさ 普通

文法は複雑ではないのですが、長編ですし、慣れていないと読了には時間がかかるでしょう。映画よりも登場人物が多いので、少々混乱するかもしれません。児童書ですが、普通のYAものよりも読みづらいと思います。

●おすすめの年齢層

小学生以上。大人も十分以上に楽しめます。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中