作者がどんな本にしたかったのか不明な小説 The Girl Below

Bianca Zander

ペーパーバック: 352ページ

出版社: William Morrow Paperbacks

ISBN-10: 0062108166

ISBN-13: 978-0062108166

発売日: 2012/6/19(あさって発売)

心理スリラー?オカルト?(実は…)/文芸小説

 

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0062108166 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0062108166

28歳のSuki Piperは10年ぶりに故郷のロンドンに戻った。

父が愛人の元に去ってから母子家庭になり、母が癌で死去した直後にニュージーランドに渡ったのだった。

懐かしさにかられたSukiは、幼いときに両親と一緒に住んでいたノッティング・ヒルのアパートメントを衝動的に訪ね、家族ぐるみで仲良くしていた近所のPeggyと再会し、子どもの頃にベビーシッターをしてくれたPeggyの娘Pippaに連絡を取った。


せっかくPippaから夕食に招待されたものの、Sukiは彼女の反抗的な息子や死期が迫っているPeggyの世話をすることには乗り気になれない。けれども、転がり込んでいた友人のアパートから追い出されて行き場をなくし、Peggyのアパートに泊って話し相手になることを引き受ける。

Peggyのアパートに泊ったときからSukiは不思議な幻覚を体験するようになる。

夜になると、子どもの頃に裏庭で両親が催したパーティが裏庭で繰り広げられるのだ。

その悪夢のような幻覚は、Pippaの家に行っても続く。

 

●感想

本書の説明文を読んだときには、過去の体験が引き金になっている心理スリラーだと思っていたのですが、読み進めるうちに「?」「??」「???」と混乱してきました。

幻覚が、心理的なトラウマが原因の悪夢(幻覚)なのか、幽霊(オカルト)なのかちっとも見えてこないのです。

それ自体がミステリー、という本もあります。

でも、この本はそうではないのです。

途中で退屈してしまったのですが、この本がどういう本なのかを突きとめるためだけに最後まで読みました。(ネタバレなので答えは書きませんが、いまだに納得していません)。

 

この小説の最大の欠陥は、主人公と登場人物たちにまったく魅力がないことです。

まず、Sukiですが、18歳から現在までの幼稚な行動のすべてを「崩壊家庭」のトラウマのせいにするのは小説でも説得力がありません。

Peggyと彼女の家族についても、欠陥と同時に魅力も与えて欲しかったと思います。

 

それから幻覚の謎ですが、最後に「それがどうした〜!」と叫んでしまいました。

 

なんだかすご〜く残念な本でした。

●読みやすさ 中程度〜やや「面倒」

 

文章は決して難しくないのですが、シーンに必然性がないことが多く、「なぜこの文章が必要なのか?」と考えると混乱します。したがって「難しい」のではなく「面倒」で、フラストレーションがたまります。

●おすすめの年齢

 

露骨ではないのですがセックスシーンはあります。

高校生以上

 

コメントを残す