爆笑ツイッターでベストセラー作家になった男性が非モテ人生を振り返る I Suck at Girls

Justin Halpern

ハードカバー: 192ページ

出版社: It Books

ISBN-10: 0062113372

ISBN-13: 978-0062113375

発売日: 2012/5/15

ユーモア/回想録

 

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0062113372 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0062113372

ツイッターをしない私の娘や親友は「ツイッターなんてただの時間の無駄」とバカにするのですが、この著者は、その「時間の無駄」のおかげで人気作家になった人です。

きっかけは、著者が3年つき合ったガールフレンドに振られて両親の家に転がり込んだことでした。恋と仕事に挫折し、引退した父親からひっきりなしにハチャメチャなアドバイスを与えられた若者は、 “Sh*t My dad Says(*の部分には適切なアルファベットを入れてください)”というアカウント名のツイッターを始めて父親の口から出ることをそのままツイートしました。

その爆笑の面白さに、たった2ヶ月の間に50万人を超えるフォロワーができ(私も実はフォローしてました)、フォロワーが130万を超える頃にそのツイートの出版が決まり、出版された本はニューヨークタイムズ・ベストセラーになったのです。


こうして突然「人気作家」になったHalpernですが、「ただ運が良かった」だけではありません。この回想録を読むと、彼にはもともとユーモアのセンスがあることが分かります。

ナンタケット島のビーチで読んでいたのですが、6月のオフシーズンで人が周囲にいなくて助かりました。「読むだけで腹筋の運動ができます!」という宣伝文句で売れるのではないかと思ったほど笑いが止まりませんでした。

 

第二作の本書は、著者がいかに「非モテ(Suck at Girls)」だったかを小学校2年生の頃から現在まで振り返った回想録です。
日本には「プロム」がないので、パートナー探しの屈辱的な体験を想像できないかもしれませんが、「非モテ人生」には共感を覚えることができるかもしれません。また、幼いHalpernの性に対する好奇心と恐怖に対する父親のアドバイスや感想、そして学校の教師への反応などがあまりにもユニークで(ぶっとんでいて)大爆笑です。
このお父さんはカリフォルニア大学サンディエゴ校の核医学部門の責任者を務めた医師だったのですが、そういう肩書きが想像できないような「カラフル」つまり検閲にひかかる表現が多い人物なのです。
そのカラフルな表現もさることながら、その根底にあるお父さんの人生観のズレ方がたまらなく可笑しいのです。

人生を変えるような内容ではありませんが、難しいことを考えず、肩の力を抜いて大笑いするのにぴったりの本です。

何も期待せずに思い切り笑った後に待っている心温まるエンディングにも好感が抱けます。

 

●読みやすさ 読みやすい

文章はシンプルですし、難しい単語も使っていません。ページ数も少なく、英語の本を読み慣れている人であれば数時間で読み切ることができるでしょう。

けれども、この笑いを理解するためには、アメリカの日常生活を知っている必要があります。

そういう意味では、日本で英語を学んだだけの人にはかえって難しい本かもしれません。

 

●おすすめの年齢層

どぎついシーンはないのですが、性の話題はたっぷりです。S言葉とかF言葉など下品な表現も多いので、マチュアな中学校3年生くらいから上。

 

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

爆笑ツイッターでベストセラー作家になった男性が非モテ人生を振り返る I Suck at Girls」への2件のフィードバック

  1. Sh*t My Dad Says.と併せて読みました。お父さんが息子を心配していること、息子もお父さんを心から慕っていることに感動。アメリカ人にもJustinのようにシャイな人がいるとは思いませんでした。I Suck at Girls.はAmandaという友達にプレゼントするつもり。This Amanda girl in the book is almost as charming as you are.と言ってあげたら何かいいことあるかな(笑)。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中