編み物がしたくなるキュートな絵本 Extra Yarn

Mac Barnett (文章), Jon Klassen (イラスト)

ハードカバー: 40ページ

出版社: Balzer + Bray

ISBN-10: 0061953385

ISBN-13: 978-0061953385

発売日: 2012/1/17

絵本/児童書(3歳くらいから小学校低学年)/編みもの

 

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0061953385 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0061953385

モノトーンの町に住む少女Annabelleは、ある日カラフルな毛糸が入った箱をみつける。自分のためにセーターを編んだところ、まだ毛糸が余っていたので、愛犬のためにセーターを編んだ。それでもまだ余っている毛糸で、Annabelleは次々とセーターを編んでゆく。

●ここが魅力!

 

この10年くらい編み物を休んでいるのですが、私は小学校4年生の頃から編み物の虜になり、けっこう多くのセーターを編んできたのです。夫と娘のためには、自分でデザインして編んだほどです。

編み物が得意な母の影響もあるのですが、もうひとつは小学校低学年のときに読んだ絵本でした。

編み物が大好きなおばあさんが、蝶の羽のパターンを編んで空を飛ぶというものです。

この絵本は、それとはちょっと異なり、とてもシンプルなストーリーで、シンプルなイラストなのですが、そのときの「編みたい!」という気持ちを呼び起こしてくれました。

 

「誰かのために編みたい」という衝動と、カラフルなセーターで人や世界が変わること。それは、とってもシンプルなものなのです。そして、「それでいいじゃないか!」と思います。男の子にも読んで欲しい絵本です。そして一緒に編み物を始めてみてはどうでしょう?

 

●読みやすさ 初心者から

 

文章は非常に少なく、しかも簡単です。

幼い子どもに読んできかせるのにも適しています。

 

コメントを残す