編み物がしたくなるキュートな絵本 Extra Yarn

Mac Barnett (文章), Jon Klassen (イラスト)

ハードカバー: 40ページ

出版社: Balzer + Bray

ISBN-10: 0061953385

ISBN-13: 978-0061953385

発売日: 2012/1/17

絵本/児童書(3歳くらいから小学校低学年)/編みもの

 

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0061953385 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0061953385

モノトーンの町に住む少女Annabelleは、ある日カラフルな毛糸が入った箱をみつける。自分のためにセーターを編んだところ、まだ毛糸が余っていたので、愛犬のためにセーターを編んだ。それでもまだ余っている毛糸で、Annabelleは次々とセーターを編んでゆく。

●ここが魅力!

 

この10年くらい編み物を休んでいるのですが、私は小学校4年生の頃から編み物の虜になり、けっこう多くのセーターを編んできたのです。夫と娘のためには、自分でデザインして編んだほどです。

編み物が得意な母の影響もあるのですが、もうひとつは小学校低学年のときに読んだ絵本でした。

編み物が大好きなおばあさんが、蝶の羽のパターンを編んで空を飛ぶというものです。

この絵本は、それとはちょっと異なり、とてもシンプルなストーリーで、シンプルなイラストなのですが、そのときの「編みたい!」という気持ちを呼び起こしてくれました。

 

「誰かのために編みたい」という衝動と、カラフルなセーターで人や世界が変わること。それは、とってもシンプルなものなのです。そして、「それでいいじゃないか!」と思います。男の子にも読んで欲しい絵本です。そして一緒に編み物を始めてみてはどうでしょう?

 

●読みやすさ 初心者から

 

文章は非常に少なく、しかも簡単です。

幼い子どもに読んできかせるのにも適しています。

 

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中