男性向けのラブストーリー? One Day

著者:David
Nicholls

ペーパーバック448ページ

出版社:
Vintage

出版日:2009年8月

ジャンル:ラブストーリー/文芸小説/人生/泣ける本/男性向けロマンス

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS1=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0307946711
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS1=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0340994681
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS1=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=415041257X

 

男性の立場からも、女性の立場からも、男女の友情と恋は複雑なものである。

上流階級のプレイボーイDexterとヨークシャーの中流家庭で育った勉強家のEmmaは、同じ大学の学生だが接点がなかった。ふたりは卒業式の夜に出会い、特別な時間を共有するが、翌日には別々の人生に足を踏み出した。卒業式の1988年7月15日から、毎年同じ日のDexterとEmmaの1日を追う物語。


(下記はネタバレがあるので白文字)

最初の出会いの後、ふたりは手紙を通して仲良くなり、いつしか親友になる。Dexterは、さほど努力もせずにテレビ番組の有名な司会者になるが、Emmaは食べて行くためのウエイトレスの仕事から抜け出せないでいる。酒、ドラッグ、女に溺れて思い上がっているDexterにうんざりしたEmmaは彼との連絡を断つが、それでもふたりは互いのことを忘れることができない。ふたりの人生には何度も変化が訪れる。Dexterは仕事に行き詰まり、Emmaは売れっ子の児童書作家になる。それぞれに何人かの恋人や伴侶ができるが、常互いのことが頭から離れないのだ。

DexterとEmmaは相手なしには生きられないほどの親友だが、恋人になることを何年も避け続ける。この微妙な関係が本小説の醍醐味である。

人物描写や心理が飾り気なくリアルなのが良いところだが、Dexterがあまりにも自己中心的で辟易する。逆に美人でユーモアのセンスがあるEmmaは、いつまでたっても成長しないDexterを寛容に受け止める理想的な女性である。こういったところは、女性向けロマンス小説の逆である。女性より男性読者に人気があるのはそのためだろう。

私が個人的に興味深く思ったのは、イギリスの男性作家とアメリカの男性作家が描く男女の差である。

Nick Hornbyもそうだが、イギリス男性が描く男性は、幼稚で、自己憐憫が強く、甘えん坊なのである。アメリカの男性作家が描く男性は、自己中心的な場合でも、タフで、自己憐憫が甘えではなく怒りのアクションに繫がる。女性のタイプも、イギリスの場合はEmmaのように優しくて包容力があることが多いが、アメリカの場合は、もっと独立心があって強気である。

ハッピーエンドや読後感が良い小説を求める読者にはおすすめできないが、イギリスとアメリカの差とか、リアルな若者の人生を追う小説としては面白い。

 

難易度:<上級レベル>

イギリス英語に慣れている人であれば、さほど難しいとは思わないだろう。

けれども、ふたりの会話のニュアンスを理解するためには、ある程度読み慣れている必要がある。

 

適正年齢:PG
15

高校生以上。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中