イラストと文章が混じったキュートな児童書『Flora & Ulysses』

著者:Kate DiCamillo(文)、K.G. Campbell(イラスト)

ハードカバー: 240ページ

出版社: Candlewick (2013/9/24)

発売日: 2013/9/24

難易度:初級レベル(中学校の英語を終了したレベル)

適正年齢:PG8(小学生向け)

ジャンル:児童書、ファンタジー、グラフィックノベル

キーワード:友情、親子関係、離婚、動物(リス)

 


10歳の少女Floraは、スーパーヒーローのコミックやサバイバル本を指南書にして生きる皮肉屋さん(cynic)。思いやりがあるのに静かなお父さんを一方的に離婚したお母さんは、ロマンス本作家のくせに愛のことなんかはちっとも分かっていない。娘のFloraは邪魔者扱いで、イギリスから取り寄せた羊飼いの少女のランプにMary Annなどという名前をつけて、わが娘以上に愛している。でもFloraは気にしない。だって彼女はcynicなのだから…。


けれども、ある日、Floraの世界を変える奇跡が起きる。お隣の新しい掃除機に吸い込まれたリスが彼女のスーパーヒーローになったのだ。FloraにUlyssesと名付けられたリスは、Floraの母親のタイプライターで胸にこみあげる愛と幸福を詩に綴り始める。だが、Floraの母は、リスをネズミ同様の害獣とみなして駆除しようとする。

ニューベリー賞受賞者で大人気作家のKate DiCamillo(『洋書ベスト500』にも掲載されています)の最新作で、イラストレーターのK.G. Campbellによるイラストがキュート。文章の代わりにグラフィックノベルで物語が進行する部分があり、子どもが楽しめるだけでなく、長文を読み慣れていない日本人読者にも嬉しいだろう。

ストーリーそのものはDiCamilloの過去の作品に比べるとライト級で、まとまりや意外性に欠けるところがあるが、それでも小学校低学年の子どもには可笑しさが伝わると思うし、どんなことがあっても最後には親や友だちや隣人の愛を信じさせてくれるエンディングもよい。

 

IMG_3680

本にサインをしていただいたときの著者ケイト・ディカミロ(その本はゲームのお宝になりました)。

 

 

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中