混沌とした展開がリアリスティックな世紀末小説『MaddAddam』三部作ついに完結

私にとってマーガレット・アトウッドは、本当に複雑な作家です。

登場人物には感情移入させてもらえないし、読後に「どよよ〜ん」とすることが分かっている。それなのに、なぜか新しい本が出るたびに手に取ってしまい、「これから、悪いことが起きるぞ〜。どんどん悪くなるぞ〜」と思いつつも途中でやめられず、最後まで読んでしまう。そして、ふたたび何日も「どよよ〜ん」としてしまうのであります。

その究極の作品が、10年かけて完結した三部作の『MaddAddam Trilogy』かもしれません。

混沌としたこの三部作を説明するのはとても面倒なのですが、アトウッドがノーベル文学賞を受賞することを期待している私としては、この大作を無視するわけにはゆきません。ちょっと努力してみることにしました。

慣れていない人には理解しにくいと思いますので、少々ネタバレいたします。

 

1.Oryx and Crake

 


ペーパーバック: 416ページ

出版社: Anchor

ISBN-10: 0385721676

出版年:2003

難易度:最上級(ネイティブでも入りこみにくい)

適正年齢:R(アダルト/バイオレンス)

ジャンル:スペキュラティブ・フィクション(著者自身による)、文芸小説、現代小説、風刺小説

 

大惨事で人類がほぼ全滅し、文明が崩壊した地球で物語が始まる。

その大惨事を生き延びた男「Snowman」は、遺伝子操作で作られた新人類の「Craker」たちから宗教の指導者的な扱いを受けている。

かつてSnowmanはJimmyという青年であり、Crakerを創り出したCrakeは、Jimmyの幼馴染の天才科学者Glennだった。

大惨事が起こる以前には、食料、サプリメント、医薬品などを製造するバイオ産業が世界を支配しており、それらの国際的大企業に務める者たちは、贅沢な暮らしができるが、壁に囲まれて常に監視されている居住区(Compound)に住んでいた。それ以外の者たちが住むのは、犯罪が蔓延するPleeblandsという貧困地帯である。

両親がバイオ企業(Corps)に従事する科学者であるために居住区で知り合ったJimmyとGlennは、MaddAddamというハンドル名の者が運営するExtinctathonというオンラインゲームにはまりこむ。Jimmyがやめてしまった後もGlennはゲームを続け、グランドマスターになる。

バイオ産業の悪事と人類による自然破壊を敵視するMaddAddamは、遺伝子操作で異様な能力を持つ動物や微生物を作り出し、支配者階級やバイオ企業を攻撃し始める。

いっぽうCrakeと改名したGlennは、草食で、争いを嫌い、嫉妬がない人類Crakerを創り出す。そして、ティーンの時にJimmyと一緒にオンラインポルノで見つけて執着心を抱いた少女(と思われる)を探し出してOryxと命名し、Crakerたちの世話役にする。だが、JimmyもOryxに恋をしていたのだった…。

 

2003年カナダ総督賞受賞作で、ブッカー賞最終候補になった作品。

バイオ産業や医療技術の発達に倫理面での議論が追いついていないのが現状である。利益が優先される企業体質がそれに加わると、私たちの未来は容易に崩壊する可能性がある。そういった現状に警鐘を鳴らす作品である。

 

2.The Year of the Flood

 


 

ペーパーバック: 448ページ

出版社: Anchor; Reprint版

ISBN-10: 0307455475

発売年:2009年

難易度:最上級(ネイティブでも入りこみにくい)

適正年齢:R(アダルト/バイオレンス)

Oryx and Crakeではバイオ企業のCompoundの壁の中が主な舞台だったが、この巻では壁の外のPeeblandsが舞台。

Adam Oneが作った自然崇拝の新興宗教God's Gardenersはスラム街に本拠地を置き、男性のリーダーたちはAdam、女性のリーダーたちはEveと呼ばれていた。彼らは、自然と生き物を愛して共存し、テクノロジーを憎み、暴力を避けることを教えていた。

彼らは疫病で人類がほぼ死滅した大惨事のことを、旧約聖書の洪水にちなみ、「Waterless Flood(水なしの洪水)」と呼んでいた。

Adam Oneの腹違いの弟Zebは、最初はGod's Gardenersの一員だったが、Adam Oneの平和的な戦略に反対し、賛同者をひきつれ、MaddAddamのチャットルームを介してCorpsに対してバイオテロを行う。

Zebが去った後、彼を密かに愛していたEveのTobyは、命からがら逃げてきた元God's GardenersのRenを解放する。Renは、ティーンのときにつき合ったJimmyに捨てられ、その後性風俗産業で働いていたが、友人のAmandaに救われて逃げ出すことができたのだ。けれども、Amandaは娯楽の戦いのために改造されたPainballersに襲われて誘拐されてしまう…。

 

話があちこちに飛ぶし、構成が混沌としていて状況が把握しにくい。だが、都合よく展開するディストピアYA小説とはそこが異なり、かえってリアリスティックに感じる。

 

3.MaddAddam

 


 

ハードカバー: 416ページ

出版社: Nan A. Talese

ISBN-10: 0385528787

発売日:2013年9月3日

難易度:上級(最初の2巻に比べると、とても読みやすい)

適正年齢:R(アダルト/バイオレンス)

 

TobyがCrakerたちのリクエストに答えて物語を語る形で進行する。

最初の2巻に比べると非常に読みやすく、プロットもシンプルである。

バイオレンスはあるが、前回ほどではなく、無垢なCrakerたちの誤解と、それに対するTobyの回答など、笑えるところが沢山ある。

これまでに生まれたすべての疑問に答えが出るのは良いのだが、あまりにもまとまりすぎた感はある。

切ないが、アトウッドにしては希望に満ちた楽観的な終わり方である。

2件のコメント

  1. 遅まきながら読みました。図書館の貸出状況の影響で、三部作を 1→2→3 ではなく 1→3→2 の順番で読んだので、少し頭が混乱しています(笑)。私の読解力が足りないせいもあると思いますが、謎もけっこう残っています。最終巻は確かに笑えるところがたくさんありましたね。

    ネタバレを含む感想になりますが・・・Craker たちは人間と関わったせいで、Crake が排除しようとした「宗教」を持ってしまったし、Adam One (God’s Gardeners) が危険だとした「筆記(読み書き)」も身につけてしまったし、人間とのあいだに子どもも生まれたしで、将来この新人類も、旧人類と同じように、欲望や争いの歴史を繰り返していく羽目になるのだろうかと思いました。それから、人間は神話や宗教無しでは生きていけない生物なのかな、とも。

    ニュースで最新科学技術や医療の進歩の話題を見聞きするたびに、「これが濫用されたり悪用されたりすると、おどろおどろしい『アトウッドの世界』になってしまうのではないか」と、つい不安を感じてしまいます。

    いいね: 1人

  2. Sparkyさん、
    読んだのがずいぶん前なので詳細忘れちゃった私です(苦笑)
    脳が古いコンピューターみたいで、どんどんメモリを整理していかないと、次の情報が入れられないみたいですw
    でも、現実世界がどんどんアトウッド化してますよね。
    ほんと、怖くなります。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中