ユダヤ教伝説とアラビア神話が19世紀末のニューヨークで出会う幻想的なラブストーリー『The Golem and the Jinni』

著者:Helene Wecker

ハードカバー: 496ページ

出版社: Harper

ISBN-10: 0062110837

発売日: 2013/4/23

適正年齢:PG15(高校生以上)、描写は露骨ではないが性的コンテンツあり

難易度:上級レベル(英語ネイティブの普通レベル)

ジャンル:現代文学/歴史小説/ファンタジー

キーワード:伝説(アラブ、ユダヤ)、ラブストーリー、宗教、スピリチュリティ

 


移民たちが世界から押し寄せて来る混乱の19世紀末のニューヨーク市で、一組の男女が偶然に出会う。彼らは、互いに相手の異様さを察知し、興味を抱く。ポーランドから来た女Chava(ハバ)はユダヤ教の呪術師が作ったGolem(ゴーレム)で、Ahmed(アーメッド)は1000年前にシリアで魔術師に捉えられたJinni(ジーニー)だった。


Golemは、ユダヤ教の神話や伝承に出て来る泥で作られた人形である。呪術で結びつけられた主人の命令だけに従うようにできているが、いずれ凶暴化することでも知られている。呪術師にGolemを作るように依頼した男は、新世界のニューヨークに連れて行く妻に知性と好奇心、そして徳を求めた。だが、呪術師の命に背いて船旅の途中でGolemを目覚めさせた男はニューヨークに到着する前に病死してしまう。

赤ん坊のように無知なためにニューヨークで窮地に陥ったGolemの正体を見破ったのは老いたユダヤ教のラビだった。彼はGolemにChavaという名を与えて世話をする。知性と徳があるChavaに好意を抱く老ラビだが、Golemの本質を知る彼は、Chavaを破壊すべきだということも知っていた。

いっぽう、シリア人のブリキ職人の家で蘇ったJinniのAhmedは職人の弟子として働き始めるが、火の存在であるJinniは、奔放な性格を抑えることができない。夜ごとニューヨーク市を徘徊し、トラブルを引き起こす。そうしているうちに出会ったのが、GolemのChavaだった。瞬時に互いが人間ではないことを察した二人だが、宗教が異なるために相手が何なのかを推測することができない。アラビア神話とユダヤ教、火と土、と異なる性質のふたりは衝突を繰り返す。だが、なぜか離れられず、深い部分で理解しあうようになる。

 

Golemを作った呪術師の話、Jinniが人間の姿で囚われるようになったいきさつなど、いくつもの登場人物の逸話が入り込むので、最初のうちは混乱するかもしれない。だが、読み進めるにつれ、なぜそれらのストーリーが必要だったのかがわかってくる。

シリアの砂漠、19世紀のニューヨーク市が幻想的な美しい文章で描かれているだけでなく、宗教、神、輪廻転生、善と悪、運命と個人の選択…といった興味深いテーマに心惹かれる。また、運命に翻弄される二人の愛情は静かにロマンチックである。

多くのストーリーが紹介されるので、最初は混乱するかもしれないが、ストーリーそのものは理解しやすいので「最上級レベル」ではなく、「上級レベル」にした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中