戦争と禁断の恋を描いたYAファンタジー三部作の第1巻『The Winner’s Curse』

著者:Marie Rutkoski

ハードカバー: 368ページ

出版社: Farrar Straus & Giroux

ISBN-10: 0374384673

発売日: 2014/3/4(発売前の今なら、お試しより長い1〜5章がキンドルでタダでダウンロードできます

適正年齢:PG15(高校生以上。性的な話題や強姦未遂シーンはあるけれども、詳細な描写はない)

難易度:中級〜上級レベル(ファンタジーに慣れている人であれば平易)

ジャンル:YAファンタジー/ロマンス

キーワード:戦争、禁断の恋、倫理

シリーズ:The Winner's Trilogy

 

近隣諸国を次々に侵略して支配下におくValorian帝国のパワフルな将軍のひとり娘Kestrelは、10年前にValorianが侵略したHerraniの国に住んでいる。Kastrelと彼女がつきあっている上流階級の家族は、10年前まではHerrani人の所有物だった豪邸に住み、Herraniたちを奴隷として使っている。

戦いをもっとも高等な文化としてとらえているValorian帝国では、女性は20歳になると兵士になるか結婚するかの選択をしなければならない。17歳のKastrelは戦略には長けていたが、武術は苦手で、人を殺したいとも思わなかった。かといって結婚するつもりにもなれないKastrelは、親友の兄からのアプローチも軽くかわし続けていた。


母が亡くなった後Herrani人の乳母を母代わりにして育ったKastrelは、Herraniを奴隷として扱うことに倫理的な葛藤をおぼえていた。自分では奴隷を買わないことにしていたのに、あるとき町の市場で奴隷オークションに迷い込んでしまい、そこでみかけた気位が高くて反抗的な若者を衝動的に競り落としてしまう。自分のやったことにショックを受けているKastrelに、隣にいた女性が「誰かさんが、Winner's Curse(勝者の呪い)にかかったようね」と皮肉を言う。Winner's Curseとはビジネス用語で、勝者である落札者は結局損をしているというものである。なぜなら、商品の共通価格を超えて推測した者がオークションの勝者であり、転売したら損失を被るからだ。

持ち主に対して反抗的な態度を取る奴隷のArinになぜか惹かれるものを感じるKastrelは、彼に行動と発言の自由を与え、友情も与える。だが、それは、ふたつの国の歴史によって裏切られる運命にあった。Arinから祖国と家族、そして人権を奪った戦争の英雄は、Kastrelの父なのだから。

ファンタジーゆえに架空の国を使っているが、残酷な戦いが復讐を作り出し、復讐がさらに次の復讐を産むという永遠の悪循環は、現実に起こっていることである。本格的なファンタジーに比べると、World building(世界観)や戦略などが物足りないが、YAファンタジーとしてはよくできているほうである。

主人公のKastrelと禁断の恋の相手のArinは、美徳と欠陥の両方を持ち、ときには自己中心的に、ときには、他人や母国の利益のために自分を犠牲にする。賢いのに愚かな過ちをおかすKastrelを疑問に思う読者もいると思うが、恋で判断を誤るのは、ふつうのティーンらしいともいえる。

親の期待に応えようとして努力したり、社会の「常識」が受け入れられずに悩んだり、周囲の人々と共感できなくて苦しんだりするヒロインも、私には好感が抱けた。

ロマンチックな本を読みたいが、薄っぺらすぎるYAファンタジーに飽きている人におすすめである。ただし、三部作の第一部なので、「次、どうなるの?」という部分で終わるのが嫌な人は、三部作が完了するまで待ったほうがいいかもしれない。

コメントを残す