Poison Studyのファン専用 Shadow Study

著者: Maria V. Snyder
ペーパーバック: 416ページ
出版社: Mira
ISBN-10: 0778317404
発売日: 2015/2/24
適正年齢:PG15(性的な話題はあるが、描写はほとんどない)
難易度:中級〜(文章はシンプル)
ジャンル:ファンタジー(ややロマンスの傾向あり)
キーワード:Poison Study、魔法

ニューヨーク・タイムズ紙ベストセラーになったファンタジーPoison Study三部作の続編といえる新しい三部作の第一巻。

Poison Studyの始まりから8年後(三部作完了から6年後)、YelenaはいまだにIxiaとSitia両国の関係を取り持つ役割を果たしている。Ixiaの最高司令官Commanderの右腕の立場にあるValekとは、ごくたまに密会するだけだ。


フラストレーションがありながらも安定していた状況が両国で変化する。Yelenaは暗殺者に襲われて魔力を失い、絶対の信頼で結ばれていた筈のValekと最高司令官の関係に影が落ちる。

 

Poison Studyがとても好きで、多くの人をファンにした私なので、アドバンスコピーを入手したときには小躍りした。けれども、とっても言いにくいことだが、諸手を上げて喜べる続編ではなかった。

面白い部分はあるし、続きもたぶん読むと思うのだが、Poison Studyの躍動感やドキドキ感は期待しないほうがいい。

Poison StudyはYelenaの一人称だけだったが、Shadow Studyは、Yelenaだけでなく、JankoやValekの視点でも書かれている。そのためにリズムが失われ、相手の心理を推察する面白さがなくなっている。Yelenaの失われた魔力や、Commanderの言動などの謎解きの面白さはあるけれども、どちらかというと、ファンフィクションのような読み応えだった。この三部作を書いた理由について、著者は「ファンが求めたから」と言っていたが、ファンを意識すると、自由に新しい物語を展開させるのは難しいのではないかと思う。

Maria V. Snyderが好きなので、次回がもっと躍動的になるのを祈っている。

 

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中