「助けて」となかなか言えない人に読んでほしいアマンダ・パーマーの自伝 The Art of Asking

著者:Amanda Palmer(アマンダ・パーマー)
ペーパーバック: 352ページ
出版社: Grand Central Publishing; Reprint版
ISBN-10: 1455581097
発売日:2015年10月20日
適正年齢:PG15(性やドラッグについての話題あり)
難易度:上級レベル(英語のネイティブでないとわかりにくいスラングがある)
ジャンル:回想記/自己啓発
キーワード:TEDトーク、クラウドファンディング、キックスターター、ドレスデン・ドールズ、インディ・ロック、アマンダ・パーマー、ニール・ゲイマン


インディなロックミュージシャンのアマンダ・パーマーは、アメリカで私が22年住んでいる町で生まれ育ち、町の公立学校で私の娘と同じ教師に教わったこともあり、ずいぶん昔から知っている。情報公開すると、家族全員が彼女と会っており、私の夫は彼女を何度かインタビューし、TEDトークの前には少しアドバイスしている。

アマンダは、自分も認めているが、子どもの頃から少し尖っていて、周囲と馴染めず、高校の時には、友だちは演劇の教師とラテン語の教師だけだったという。

けれども、「ドレスデン・ドールズ」という(パンク・キャバレーという不思議なジャンルの)ロックバンドで活躍し始めてから、アマンダは母校の高校生たちとの繋がりを深めていった。コンサートでは彼らを舞台に呼び、演劇部の生徒たちを自分のミュージックビデオに使い、ボランティアで母校の演劇を創作・監督した。(この演劇で、私は保護者ボランティアをしてアマンダに会っている)
そういった、見返りのことなど考えず、「与える」アマンダを、私は実際にこの目で見てきた。

アマンダは、外からは鋼鉄の神経の持ち主のように見える。眉を剃り落として手描きし、ミュージックビデオで平気で裸になる。音楽活動のためにストリッパーをやっていたこともあるらしい。ふつうの女性なら裸になるならダイエットをするものだが、お腹の脂肪を平気で公開するだけでなく、それをカットしようとした音楽レーベルと公に喧嘩をする。

けれども、本当は傷つきやすく、いろいろなことで悩む女性でもある。

彼女は、「私を解放して!」と公の場でアピールして、レーベルを離れて独立し、国際的に有名なSF作家のニール・ゲイマンと結婚し、クラウドファンディングのキックスターターで100万ドルの資金を集め、TEDトークで一躍注目された。

だが、それにつれてアマンダへのネットやソーシャルメディアでの風当たりも強くなった。「リッチな夫に面倒を見てもらっているだけの、目立ちたがり屋」といった感じの批判が押し寄せた。

この本には、それらの顛末と、背後にあるアマンダの苦悩が包み隠さず書かれている。大胆なことをするのに、一方で徹底的に落ち込み、それを正直すぎるほど正直に打ち明ける。そんなアマンダの言葉に、「私もそうだ」と共感する人は多いだろう。

嬉しいことに、早川書房から日本語版が出た。
お願いの女王』という本書のタイトルだけを見ると、彼女が「お願い上手」だという印象を受けるだろうが、そうではない。これは、お願いが下手なアマンダが、周囲の大切な人々からその術(アート)を学んでいくプロセスを描いたものである。迷いや脆弱さが際立つからこそ、読みごたえがある。

「助けて」となかなか言えない、生きるのが下手な人にこそ読んでいただきたい本だ。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中