7万年の人類の歴史を1冊で読める Sapiens

著者:Yuval Noah Harari
ハードカバー: 464ページ
出版社: Harper
ISBN-10: 0062316095
発売日: 2015/2/10
適正年齢:PG12
難易度:上級レベル(ネイティブの普通レベル、日本人にはわかりやすいストレートな文章)
ジャンル:ノンフィクション(科学)
キーワード:ホモ・サピエンス、人類学、進化論、社会科学、自然科学

本書Sapiensを簡単に説明すると、「ホモ・サピエンスが地球上に登場した7万年前から現在の人類、そして未来の展望までを1冊に総括した本」という感じだろうか。

でも、それではあまりにも壮大すぎて、手に取る気になれないだろう。

そもそも、なぜほかの人類(Homo neanderthalensis、Homo erectus、Homo soloensisなど)ではなく、ホモ・サピエンスが生き延び、現代人にまで発展したのかという説にはいろいろある。それから現在までの人類の歴史についてもそうだ。それをいちいち説いていたら、1冊にまとめることなんかできない。

ところが、Harariは、そんなことはしない。
混在する多くの説をバッサバッサと切り捨て、深い知識に基づいた明瞭な言葉でホモ・サピエンスのめくるめくストーリーを語る。
ほかの動物に比べて特に優れていたわけでもないホモ・サピエンスが今の繁栄を得られたのは、架空のストーリーを作る力だという部分で、Harariにすっかり説得されてしまう。

生物学的な部分だけでなく、歴史でも、原爆に関する観点など詳細では同感できないところもある。けれども、自分がこれまで蓄えた情報のドットが繋がって二次元になり、三次元になっていく感じに心が踊る。ともかく、読んでいて面白い。

Harariの説をそのまま鵜呑みにする必要はないが、こんなに楽しく人類の総論を読める本は他にないだろう。

中高生のときに暗記が多い歴史が嫌いだった私に、タイムマシンで戻ってこの本を与えてやりたくなった。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中