風刺ニュース番組「The Daily Show」の司会者Trevor Noahが語る、アパルトヘイト時代の南アフリカでの少年時代『Born A Crime』

著者:Trevor Noah
ハードカバー: 304ページ
出版社: Spiegel & Grau
ISBN-10: 0399588175
発売日: 2016/11/15
適正年齢:PG15(高校生以上)
難易度:上級
ジャンル:回想録
キーワード:南アフリカ、アパルトヘイト、人種隔離政策、カラード、The Daily Show、コメディアン、ドメスティック・バイオレンス
オーディオブックに適した本(コメディアンの著者が読んでいる)

アメリカ在住の人や、アメリカ文化に詳しい人なら、『The Daily Show』というテレビ番組のことはよくご存知だろう。1999年から2015年までJon Stewart(ジョン・スチュワート)が司会をしていた風刺ニュース番組で、実際のニュース番組より若者に影響力を持つとまで言われていた。スチュワートが引退を発表したときには、多くのファンが「彼のあとを継げるようなコメディアンはいない」と嘆いた。

南アフリカのコメディアンTrevor Noah(トレヴァー・ノア)がスチュワートの後継者に決まったとき、ノアに期待するより、彼の力量を疑う人のほうが多かった。私もそのひとりだった。だが、彼はスチュワートのファンを納得させ、新たに若い世代を取り込むようになっている。

それまでノアのことをまったく知らなかったのだが、この回想録と、彼がニューヨーク・タイムズ紙に寄稿したコラムを読んで、彼への評価が変わった。学者と教育者の両親に育てられ、ウィリアム・アンド・メアリー大学で学んだスチュワートとは異なり、ノアはアパルトヘイト時代の南アフリカで黒人のシングルマザーに育てられたカラード(白人と黒人の混血)だ。大学教育は受けていない。

ノアの達成がどれほど驚異的なものなのかを知るためには、彼が生まれた時代の南アフリカを知る必要がある。
アパルトヘイト時代の南アフリカでは、国民は4つの人種カテゴリー(白人、黒人、カラード、インドやパキスタンなどからのアジア系)に分けられ、それぞれの権利が異なった。また、異なる人種間(とくに白人と黒人)の結婚は違法であり、混血の子ども産むのは、厳しい懲罰がある「犯罪」だった。ノアの母親は、スイス人の友人に依頼し、故意にその犯罪をおかして息子を産んだのだった。

「カラード」と呼ばれる混血のトレヴァー少年は、存在そのものが犯罪なので、アパルトヘイトが撤廃されるまでは、人目につかないように隠されていた。そして、その後もどのグループにも属せない孤独さを経験した。

ノアの回想録には、飢えて毛虫を食べるような貧困生活や、盗難物品を売る闇商売の経験など辛い逸話が多い。なのに、それを明るく、ユーモアたっぷりに語る。ノアの母親が義父から受けたドメスティック・バイオレンスは凄まじいものだが、それにさえ笑いを交えているのだ。これほどの文章力を独学で得たノアは、きっと外には見せないすごい努力を積み重ねてきたのだろう。

アパルトヘイト時代の不条理な社会と、撤廃後の黒人同志の対立を、クリアな視線で見据えているところにも、ノアの深い知性を感じる。

ノアは暇さえあったら好きな読書をしているようだが、自分の意見を持つことができる人は、やはり多くの本を読んでいるのだと思った。

私はオーディオブックで読んだのだが、大正解だった。
英語とアフリカーンス語だけでなく、その他多くの公用語を流暢に使い分けるノアの語りは感動的だし、俳優だった経験もあるノアの表現力がすばらしい。
紙媒体でもきっと楽しめると思うが、オーディオブックをあえてお薦めしたい作品だ。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中