英国ビクトリア時代を舞台に、科学、宗教、迷信、フェミニズム、ゴシック、ロマンスが織り込まれた濃い文芸小説 The Essex Serpent

作者:Sarah Perry
ペーパーバック: 448ページ
出版社: Serpent’s Tail(USではハーパーコリンズのCustom House)
ISBN-10: 1781255458
発売日: 2017/4/20
適正年齢:PG15
難易度:超上級(英語そのものは読めても、文芸小説になれていないと、その根底にある意味や意図を理解するのは難しい)
ジャンル:歴史小説/文芸小説
キーワード:ビクトリア時代、エセックス、シーサーペント(大海蛇)、自然科学、キリスト教、迷信、ゴシック、医学、フェミニズム、自閉症、家庭内暴力、ロマンス
賞:British Book Awardsフィクション部門受賞、Waterstones Book of the Year、 Costa Book Award最終候補

妻が夫の所有物だったイギリスのビクトリア時代、裕福だが暴力的な夫が病死し、未亡人のCoraはようやく安全と自由を手にした。科学への知的好奇心と論理的思考を持つCoraは、19歳の若さで結婚して以来それを抑え込むしかなかったのだが、これで心置きなく研究ができるのだ。Coraは、自閉症スペクトラムを想像させる扱いが難しい息子Francisと住み込みのお手伝い兼友人のMarthaとともに、ロンドンからEssexの海沿いの町を訪問することにした。

あたかもそのとき、Essexでは300年ぶりに伝説の怪物シーサーペントが舞い戻ったという噂が立っていた。目撃情報やサーペントに殺された者がいるというのだ。だが、科学的な思考をするCoraは迷信などは信じず、これまで発見されていなかった新しい生物ではないかとかえって興味を抱く。

地元Essexの牧師であるWilliam Ransomも住民の迷信には懐疑的だった。だが、彼は宗教が与える安心感こそが解決策だと信じている。その安心感がないと人々は悪魔を作り出すものであり、人が論理的な思考を保つためには科学ではなく神を信じるしかないとWilliamは考えている。

繊細で美しい妻を持つWilliamは、裕福なのに身繕いを気にせず、男物のコートと長靴を履いて標本を集めるCoraに対して最初は敵意に近い感情を抱く。Coraの科学的な信念と率直すぎるほどの意見に対しても。
しかし、CoraとWilliam、そしてWilliamの妻Stellaは微妙な友情と愛情の三角関係を作っていく……。

The Essex Serpentは非常に中身が濃い。
ビクトリア時代のイギリスの科学や宗教だけでなく、フェミニズムや社会主義の状況も垣間見ることができる。
Cora, William, Stellaだけでなく、Coraのコンパニオン(当時、貴族や裕福な女性は単独行動を取らないために付き人のような役割の人を雇用していた)であるMartha、息子のFrancis、長年Coraに恋をしてきた外科医のLuke、Lukeの友人Gerogeなど、登場人物それぞれにしっかりとした役割があるのも魅力だ。

読後にも頭の中で登場人物が行動し続ける味わい深い小説だ。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

英国ビクトリア時代を舞台に、科学、宗教、迷信、フェミニズム、ゴシック、ロマンスが織り込まれた濃い文芸小説 The Essex Serpent」への2件のフィードバック

  1. この小説は、私がいつも図書館に持っていく「読みたい本リスト」に入っている一冊です。さすがに人気で、まだ図書館で見かけたことがありません。いつ読めるかわからないし、難しそうですが、渡辺さんの書評を読んでますます楽しみになりました。

    いいね: 1人

  2. Sparkyさん、
    私はオーディオブックを図書館で刊行前から予約していたので、すぐにゲットできたのですが、オーディオブックの声が好きじゃなくて、結局Kindleで買って読みました。
    そういうことって、けっこうあるんです。これは文字で読むべき本だと実感。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中