強くて脆弱なヒロインが葛藤するドラゴンものYAファンタジー三部作 The Last Namsara

作者:Kristen Ciccarelli (デビュー作家)
ハードカバー: 432ページ
出版社: HarperTeen
ISBN-10: 0062567985
発売日: 2017/10/3
適正年齢:PG15
難易度:中級上から上級(文法的にはシンプルだが単語でつまづくかもしれない)
ジャンル:YAファンタジー
キーワード:ドラゴン、王国、女性戦士、裏切り、愛、神話、ロマンス

王国に伝わる古代の神話には、NamsaraとIskariという兄妹がいた。兄のNamsaraは愛と笑いをもたらす陽と精霊の申し子で、妹のIskariは血と月光から生まれ、死をもたらす暗い存在だった。

Firgaard王国の王女Ashaは、Iskariのように死をもたらす存在だとみなされていた。幼い頃に犯した罪のつぐないとして、ドラゴンを倒す戦士として生きてきたAshaは、父の命令で冷酷な軍隊の指揮官と結婚することになっていた。これもまた、罪のつぐないのためだった。

Ashaが犯した罪は、忘れられた物語をドラゴンに語ったことだった。ドラゴンにとって物語は麻薬のような魅力を持つ。Ashaが物語を語ると、ドラゴンはそれにおびき寄せられる。そして、与えることを拒むと、怒って破壊行動に出るのだ。Ashaが幼いとき、ドラゴンにより多くの国民が命を失う惨事が起こったが、それは彼女のせいだった。

父と国への忠誠心だけで生きてきたAshaだが、婚約者の奴隷や奴隷の血が混じる従妹との関わりのなかで、信じていた者からの深い裏切りを知る……。

近年のYAファンタジーは、「中世ヨーロッパ」とそれに類似した典型的な舞台を離れ、中東やアジア大陸に場を移している。サブジャンルでも、かつて流行したパラノーマルものは避けられ、神話や伝説をテーマにしたものがリクルートされている。

The Last Namsaraも現在流行りのエキゾチックな舞台の神話ものである。

YAファンタジーのファンが求める「肉体的には強いが、心理的に脆弱なところがあるヒロイン」や「禁じられた恋」が含まれている。そのうえで、過去の類似品にならないだけの要素も持っている。

パターン的には残念ながら「ファンタジー」のジャンルほどのユニークさはないのだが、400ページを超える長さを読ませる力量はある。三部作なので、一気に読み切りたい人は、2年ほど待ってから読み始めたほうがいいだろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中