本好き人間嫌いのヒロインが恐る恐る築いていく人間関係 The Bookish Life of Nina Hill

作者:Abbi Waxman
ペーパーバック: 352 pages
Publisher: Berkley
ISBN-10: 0451491874
ISBN-13: 978-0451491879
適正年齢:R(一般向け)
難易度:中級+〜上級(ときおり理解できない文章や単語があるかもしれないが、全体的には把握しやすいと思う)
ジャンル:女性小説/ロマンス

書店で働くニーナ・ヒルの人生で重要なのは、本とトリヴィア(豆知識)クイズ大会。猫のフィルとの2人暮らしで十分であり、できれば他人とは関わり合いになりたくない。世界中を飛び回っている有名な写真家の母とも、親子らしい関係はない。

だが、存在すら知らなかった父親が亡くなり、突然、腹違いのきょうだい、叔父、叔母、甥という大家族ができてしまった。亡き父は大金持ちだったらしく、遺産を期待する家族のなかには、突然現れた婚外子のニーナを快く思わない者もいる。ニーナは「遺産などいらない。関わり合いになりたくない」と主張するが、そう簡単なことではないらしく、巻き込まれてしまう。

ときおり甲羅から首を出すけれど、ちょっとでも嫌なこと、不安なことがあると首を引っ込めてしまうのがニーナの生き方だ。だが、新たに得た家族たちが、それを強制的に変えるきっかけになる。

一応ロマンス小説のカテゴリだが、ロマンス要素よりも、風変わりな登場人物たちの関わりが楽しいchick-lit(女性小説)だ。ヒロインとしての魅力にはちょっと欠けているニーナだが、こういう人は意外と多いと思うし、自分を投影する読者もいるだろう。本好きにとっては、「あるある」的な部分も多く、疲れたときや、バケーション先で軽く読むのにおすすめの小説。

アメリカでは、パブやバーで、チームを組んだトリヴィア大会をするのが流行っている。この小説にもそれが出てくるのだが、そういった「アメリカの現在」が読めるのも楽しいところだ。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 多くの職を体験し、東京で外資系医療用装具会社勤務後、香港を経て1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 100 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中