子供がいきなり燃え上がるほかは、しごくまっとうで奇妙に心暖まる文芸小説  Nothing to See Here

作者:Kevin Wilson
ハードカバー: 272 pages
Publisher: Ecco
ISBN-10: 0062913468
ISBN-13: 978-0062913463
発売日:October 29th 2019
適正年齢:PG15(高校生以上)
難易度:上級
ジャンル:文芸小説
キーワード:マジックリアリズム、Spontaneous human combustion(SHC,人体自然発火現象)、家族愛、友情、親子の愛

“子供がいきなり燃え上がるほかは、しごくまっとうで奇妙に心暖まる文芸小説  Nothing to See Here” 続きを読む

キュートでユーモラスで、しかもダークなYAファンタジー An Enchantment of Ravens

作者:Margaret Rogerson (これがデビュー作。二作目はSorcery of Thorns)
ハードカバー: 304ページ
出版社: Margaret K. McElderry Books (サイモン&シュースター)
ISBN-10: 1481497588
ISBN-13: 978-1481497589
発売日: 2017/9/26
適正年齢:PG12(性的表現はキスまでなので、中学生でもOK)
難易度:中級+
ジャンル:YAファンタジー
キーワード:妖精、魔法、真の名前、永遠の命

“キュートでユーモラスで、しかもダークなYAファンタジー An Enchantment of Ravens” 続きを読む

女性の社会的地位を低め、健康を脅かしてきたデータのバイヤス – Invisible Women

作者:Caroline Criado Perez
ハードカバー: 432ページ
出版社: Harry N. Abrams
ISBN-10: 1784741728
ISBN-13: 978-1784741723
発売日: 2019/3/7
適正年齢:PG14(理解力では高校生以上)
難易度:中級+〜上級(ストレートな英語なので、日本で英語を学んだ人には小説より理解しやすいだろう。ただし、日本語でも基本的な知識基盤がない人には理解しにくいと思う)
ジャンル:ノンフィクション
キーワード:データバイアス、認知バイアス、性差別、構造的差別
賞:フィナンシャル・タイムズの2019年ベストビジネス書
2019年 これを読まずして年は越せないで賞候補

“女性の社会的地位を低め、健康を脅かしてきたデータのバイヤス – Invisible Women” 続きを読む

出版記念、2020帰国イベントのお知らせ

翻訳書、『それを、真の名で呼ぶならば』(レベッカ・ソルニット著、岩波書店)、レビューエッセイ集『ベストセラーで読み解く現代アメリカ』(亜紀書房)の刊行を記念して2月末から3月上旬にかけて帰国し、関西と東京でトークイベントを行います。

“出版記念、2020帰国イベントのお知らせ” 続きを読む

アメリカで話題になっている本を読めば、アメリカの過去と現在がわかる! 『ベストセラーで読み解く現代アメリカ』(渡辺由佳里)

ずっと出したいと思っていたレビューエッセイ集をようやく出せることになりました。
ベストセラーで読み解く現代アメリカ』を説明するためには、「はじめに」と「目次」をお読みいただくのが一番良いと思い、亜紀書房さんの許可をいただいて転載させていただきます。目次に入っている65冊のほかにも、文中で多くの本を御紹介していますので、読みたい本が増えて困ることを保証いたします!

“アメリカで話題になっている本を読めば、アメリカの過去と現在がわかる! 『ベストセラーで読み解く現代アメリカ』(渡辺由佳里)” 続きを読む

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。