Wickedの作者による子供向けパロディおとぎ話-Leaping Beauty: And Other Animal Fairy Tales

Gregory Maguire
2006年2月
224 ページ
HarperCollins
児童書(9-12歳)/パロディ・ユーモア/短編集

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0060564199&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0060564199&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

人気ミュージカルWicked の原作者として知られるGregory Maguireですが、私の娘の小学校に創作を教えにきてくれていたころは児童書作家でした。そのことについては以前にもお話しました
社会風刺をまじえて大人用に書き直したおとぎ話シリーズで成功したMaguireが、同様の手段で子供用におとぎ話を書き換えたのがこのLeaping Beauty: And Other Animal Fairy Talesです。
Maguire本人に会ってすぐに気づくのは彼のwicked(ちょっと邪悪)なユーモアのセンスです。彼が創作クラスを教えていた小学校4年生たちにはそこが魅力で、Maguireが口を開くたびに子供たちが笑い転げていたのが強く印象に残っています。
誰もが知っている(聞いたことがある)おとぎ話を彼特有のユーモアで書き直したLeaping Beautyは、子供だけでなく大人が楽しめる内容です。というか、「うちの子にこれを?」と眉をひそめる大人がいるかもしれません。Maguireの大人用のおとぎ話シリーズはアメリカ人でも読みにくいので、彼の作品に興味がある方はこちらのほうから試してみることをおすすめします。

●読みやすさ ★★★☆☆
文法的には簡単で★★★★のレベルですが、言葉遊びやパロディを理解するには童話の知識があって、多少英語に慣れている必要があります。でも、子供向けの簡単な洋書に飽きてきて、もっと複雑な内容のものを求める大人にはおすすめです。短編集ですから、1作品を読みきる満足感も味わえます。Amazon.comのClick to Look Insideでサンプル文を読んでレベルを試してみてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中