クラシック音楽演奏家/ファンなら絶対に分かる可笑しさ-Real Men Don’t Rehearse:Adventures in the Secret World of Professional Orchestras

Justin Locke
自費出版
ユーモア・エッセイ/クラシック音楽

Rmdr_2

文章のサンプルはこちら

注文作者のサイトからどうぞ。PayPalで日本からでも注文できるようになってます。

自費出版の薄い本ですから何の期待もせずに読み始めたところ、予想を裏切る(?)面白さ。あまりにも可笑しくて、ひとりでケタケタ笑っていたら、夫に「大丈夫?」と心配されました。
作者はBoston PopsのBass(コントラバス)奏者だったJustin Lockeです。

クラシック音楽のファンであれば、ボストン・ポップス・オーケストラの名前は耳にしたことがあるはずです。ボストン交響楽団が夏のオフの間にポピュラーミュージックを演奏するために編成を変えたもので、基本的には同じメンバーで構成されています。でも、ボストン・ポップスには、公演ツアー用のもうひとつのボストン・ポップス、Boston Pops Esplanade Orchestraが存在するのです。Lockeが属していたのは、アーサー・フィードラーとジョン・ウィリアムズが指揮をしていた頃のこのEsplanade Orchestraで、来日したときのエピソードも載っています。
それによると、ジョン・ウィリアムズが来日したときにコントラバスが演奏中にくるくる回転したのは、Lockeの仕業だったのです。

クラシック音楽と音楽家はくそまじめ、という印象がありますが、Lockeが描くプロのクラシック演奏家の世界は滑稽なエピソードだらけ。音楽を少しでも知っていると、その可笑しさが倍増します。たとえば、特殊な絶対音感を持った歌手と演奏しなければならなかった困難とか、演奏家に尊敬されようとして見事に失敗した若い指揮者のエピソードとか、シチュエーションを想像しただけで笑いが止まりません。楽器により演奏者の性格が異なるというのも(私は合唱でしたが)、吹奏楽団、オーケストラ、Jazzバンドで楽器を演奏する娘に尋ねると、「まさにそのとおり」とのこと。特にLockeの説では、”Bass Players differ from all the other members of every orchestra in one very basic way: no bass player, at least to my knowledge, ever chose to be a bass player.”ということで、コントラバス奏者は”reluctant ‘draftees’ of the orchestra”なのだそうです。だから、どんなにすごいオーケストラで職をみつけても、その「なんとなくここに流れ着いた」という根本的な性格は変わらず、従って競争心が激しくてプライドの高い他の楽器演奏家とは異なり、彼らの態度は、”this thing is pretty much impossible to play, we’re doing the best we can, and we didn’t really want to be here anyway, so don’t bother us with your prissy nitpicking”なんだそうです。

また、次の章の「音楽専門用語集」のClam(間違い)という専門用語には、”A really obvious wrong note, usually played by a brass player.”という説明がついています。クラシック音楽を聞いている人なら匹敵する場面を思い出してつい吹き出してしまうでしょう。際立った傑作ではありませんが、昔ながらの良質のユーモアは心を軽くしてくれます。笑いだけでなく、ほのぼのする思い出話もあり、読み終わると作者とお友達になった気分になります。

下記は作者自作自演の製薬会社TVコマーシャルのパロディ。アメリカの製薬会社のコマーシャルを知っている人にしか分からないユーモアなのが残念です。

●読みやすさ ★★★
200ページという薄さで、フォントも大きいので読了しやすい本です。
また、1章が短くて読みきりやすく、達成感も得ることができます。
話し言葉のようなスタイルで読みやすく感じます。
楽器を演奏したことがある方や音楽ファンであれば、英語がさほどできなくても読みやすいと思います。サンプルを試してみてください。

●アダルト度 ☆☆☆☆☆
音楽好きなら誰でも楽しめる本です。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

クラシック音楽演奏家/ファンなら絶対に分かる可笑しさ-Real Men Don’t Rehearse:Adventures in the Secret World of Professional Orchestras」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中