ヒロインと脇役のやりとりが面白いCozyなミステリー-Into the Darkness

Barbara Michaels (Elizabeth Petersの別名)
1990年初刊
384ページ
(マス・マーケット版ペーパーバック)
ミステリー

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0061249645&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0061249645&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

宝石商の祖父が亡くなり、ビジネスウーマンのMeg Venturiはニューヨークから故郷に戻る。祖父はビジネスをMegに残すが、謎の人物Rileyと宝石店の共同経営者になるというのが遺言の条件だった。祖父のもとで宝石デザイナーとして働いていたRileyは、無口で暗く、Megにつっけんどんな対応しかしない。
独立心が旺盛だが心優しいヒロインのMegは、扱いにくいRileyと一緒になんとかビジネスを回復させようとするが、生命を脅かす事件が続発する。

 


謎解きだけでなく、親族たちの多彩なキャラクター、おせっかいな町の住人たちなど登場人物がよく描かれており、ロマンスやラストシーンの盛り上がりもなかなかよく出来ている。
ヒロインと脇役の魅力、会話のウィット、そしてプロットの面でもページをめくるのが楽しみで、十分「面白かった」と満足できるミステリー。Barbara Michael名でのミステリではたぶんベストのひとつ。

●ここが魅力!
エジプト学の博士号を持っている著者は、Elizabeth Peters名でビクトリア時代英国の女性エジプト学者Amelia Peabodyが主人公のミステリーシリーズを2007年までに19巻出版しています。その他2つのシリーズの合計が10巻、Barbara Michaels名では30巻ほど、という大変多作のミステリー作家です。
彼女の作品はどうやらCozy Mysteryと呼ばれるジャンルに属すようです。
Cozy Mystery(コージー・ミステリー)の定義ははっきりしていませんが、まずプロットと好感の持てる人物描写を重視しており、主人公が素人の女性で、登場人物のキャラクターに親しみを感じやすく、彼女の友達のような感覚で謎解きを楽しめるもの、といった感じでしょうか。シリーズものが多いのもその特徴です。
「印象に残る傑作」ではなく「楽しみのための読書」を求めるとき、それを確約してくれるのがCozy Mysteryの魅力です。このサイトのリストをみると、読みきれないほど沢山のCozy Mysteryがあります。ですから、好きな作家がみつかれば、連続して何冊も読めます。それも良いところです。

●読みやすさ ★★★☆☆
ミステリーとしては難易度が中間程度だと思います。
現代英語ですが、現代的なスラングはないので、その点では読みやすいと思います。
けれども、宝石とか歴史に関する部分で困難を感じるかもしれません。そこで怠けると謎解きが理解できなくなるので、飛ばすわけにはゆきません。

●この本が気に入った方には
Barbara Michaelsの作品をどうぞ。

Wait for What Will Come
アメリカ人の若い女性がCornwallにある屋敷を相続し、そこを訪ねると不思議な出来事が…。というと、以前にご紹介したThe Forgotten Gardenのようですが、そうではなくちょっとオースティンを連想させるロマンスと不気味な現象が混じったミステリです。The Forgotten Gardenのように傑作ではありませんが、十分「次を読みたい!」と感じさせる佳作です。

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0060828757&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0060828757&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中