ヴァンパイア時代のアン・ライスを期待すると失望すること確実の新作 ー Angel Time

Anne Rice
288ページ(ハードカバー)
Knopf
2009/10/27
宗教ファンタジー

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=1400043530
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=1400043530

最近ずっとアン・ライスなど読んでいないが、アン・ライスといえばヴァンパイアものを中心としたゴシックホラーやSMだと思う私はそう外れてはいないだろう。日本でそれ以外のアン・ライスを知る人はいないのではないだろうか。
そのつもりで新刊のARCを入手して読んだものだから、途中で「このアン・ライスは何者なのだ?」と混乱してしまった。バンパイアが出てこないだけでなく、パラノーマルな存在といえばこの作品のサブタイトル「The Songs of the Seraphim」に出てくるSeraphimだけなのだ。Seraphim(セラフィム)とは天使の位では最上位の熾天使のことで、もちろん善の存在である。

あらすじはこんな感じ。

汚職警官の父とアルコール中毒の母を持つToby O’Dareは、勉学の傍らlute(ルネッサンス期の弦楽器)を奏でて生活費を稼ぎ、幼い弟と妹の世話をしてきた。将来音楽家になる夢を観ていたTobyだが決定的な不幸に見舞われ、Lucky the Foxという名の殺し屋になる。

殺し屋のプロとしては成功したLuckyだが、心は荒んでゆくばかりだった。ときおり自殺を考慮する彼のもとにMalchiahという名のセラフィムが現れ、Tobyに彼の過去を見せてredemption(贖罪)の機会を与える。MalchiahがTobyを連れて行ったのは、ユダヤ教徒たちがキリスト教徒の住民にリンチされる緊張が高まっている13世紀の英国の町だった。Tobyは自分の命をかけてこの緊張を回避させる。

本当は美しい精神を持っているが不幸な生い立ちのために殺し屋になった美しい青年が神の使命を果たすことで贖罪されるというストーリーと、13世紀の悲恋が現代によみがえっているサブプロットには、まったくと言ってよいほど驚きがなかった。何よりも私を失望させたのは、Angel Timeがメロドラマのような宗教ストーリー以外の何ものでもない、ということである。 登場人物たちにも深みがなく、善と悪も二面的。Tobyの昔の守護天使は彼の不幸や殺しを見てめそめそ泣くだけだし、トビーも神の愛を感じては泣く。本全体が涙の洪水だ。読んでるこちらは感動するよりだんだんしらけてくる。

いったいアン・ライスに何が起こったのだろう?彼女も贖罪を求めているのだろうか?

驚いたのは、Amazon.comのレビューでこの本に簡単に感動してる人の多いことだ。そして、レビューで褒め言葉を書かないと猛烈に叩かれる。いったい彼らはこれまでどんな本読んできたのだろう?神の愛を描いている優れた作品は他にいくらでもあるだろうに。私は古い聖歌やオラトリオ、レクイエムといった宗教音楽がすごく好きなのだが、Angel Timeを読んでいるときにそれらを聴くときの恍惚感のようなものはまったく感じなかった。そこまで描ききれていないからだ。

これを傑作だと呼ぶ人はいるだろう(というより事実存在する)が、昔のアン・ライスのファンにはおすすめできない。これをおすすめできるのは、たぶん思春期のカトリックの少女だろう。クリーンな内容だし、神を愛を教えることができるし、ロマンチックといえばロマンチックだ。だが、「暗殺者ってかっこいい〜。私もなりたいな。その後贖罪すればいいんだし」と思う可能性もなきにしもあらず。

一カ所だけ私が気に入ったのはストラヴィンスキーのRite of Springが登場することだ。

余談だが、この作品では通常数ドル安いKindleバージョンがなぜか26セント高い。これではKindleバージョンは売れないだろう。それならばこのバージョンを作る意味がない。このマーケティングの意図はこの本の意図ほど不可解。

●読みやすさ ★★★★☆

★★★との中間くらいですが、簡潔でしかも短いので読了しやすいと思います。

●アダルト度 ★☆☆☆☆

殺人シーンが出てくるのと、若い未婚の女性が妊娠するというテーマがありますが、詳細はないし、性的描写に関しては小学生が読んでもさしつかえないほどクリーンです。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中