humanityの敵は誰なのか?娯楽作品でありながら哲学的なテクノスリラーーFreedom

Daniel Suarez
416ページ(ハードカバー)
Dutton Adult
2010/1/7
テクノスリラー/SF(とも言えないことはない)/コンピューターゲーム

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0525951571
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0525951571

2009年テクのスリラー最大のデビュー作Daemonの続編。

前作を読んでいない方はネタバレがあるので下記を飛ばしてください

国家の機密を隠すためにDaemonによる大量殺人の罪を着せられて処刑された刑事のSebeckは、DaemonのクリエーターSobolのプログラムにより命を救われ、あるクエストを命じられる。だがそのクエストが何であるのかは誰にも明らかにされていない。

一方、Daemonによる大量殺人の捜査で初期にSebeckを援助し、次いでFBI特別捜査官Roy MerrittとNSA( National Security Agency)の特別チームリーダーNatalie Philipsを援助したJon RossもDaemonが作り上げたD-space(ダークスペースという名のサイバースペースで繋がる社会)に移る。その理由は、民間軍事会社を通じて世界の企業と政府を牛耳るThe MajorがDaemonを乗っ取るのを阻止し、humanity(人間性)を守るためだった。Sobolは最初のうちはLokiのような反社会的な性格異常者をリクルートしていたが、D-spaceは今よりも良い社会を求める理想家たちが集まるようになっていた。通常の名前や肩書きはなく、業績や関わった人々からの評価でレベルが決まるD-spaceはSobolの専門だったオンラインゲームの世界と似ている。

現状の世界での悪を代表するThe MajorとD-spaceのLokiの戦い、愛するJon Rossの誘いを断って米国への忠誠を誓うPhilips、Humanityの行方、などまったく飽きることがない展開である。

● ここが魅力

Daemonは、発売と同時に読み、見ず知らずの新人作家Suarezに「この本は絶対に売れる!」とemailを出したほど深く衝撃を受けた作品でした。私の予言通りDaemonはニューヨークタイムズ紙のベストセラーになりましたが、実を言うと、続編でがっかりするのではないかとずっと心配していたのでした。
続編のARCを入手してすぐに読み始めなかったのは、The Girl Who…シリーズの第三部でちょっとがっかりしたこともあります。でも、読み始めてそんな心配がまったく無駄だったことを知りました。ともかく、スピーディーだし、D-spaceは、ゲームの世界を知らない私のような人でもインターネットに慣れていれば、「そういえば、こういう世界になってきてるよな」と納得できます。特に、HUD(ヘッドアップディスプレー)眼鏡を装着するとそれぞれの人物の情報がついたcall-out(付記)が現れる、という発想がおもしろいです。付記には、その人の名前(これがハンドル名というところが傑作)、職種とレベル、reputation score(何人が評価して5つ星評価のいくつかというアマゾンの読者評価のようなもの)が現れ、この世界では肩書きよりもそれで判断される、というのは現代の民主主義かもしれません。

DaemonよりもFreedomのほうが面白いと感じたのは、前回この世界の秩序を乱す存在であったDaemonに、Humanityを救うための唯一のツールというアングルが生まれたことです。「現在の社会には民主主義があると思い込んでいるが、実は政府すら操る企業に支配されているだけではないか?」という問いかけは、決して作り事の世界のものではありません。

●読みやすさ ★★★☆☆

ブンガクではありませんから、解釈の必要がない文章です。あれこれテクニカルな用語は出てきますが、IT系の方やゲームに慣れている方はこの世界を把握しやすいので、かえって読みやすく感じるかもしれません。

●アダルト度 ★★★☆☆

ロマンスに関してはほぼプラトニックですが、拷問や殺人の部分がビビッドなので、小学生には向きません。私はバイオレンス苦手なので痛い部分の詳細はけっこう飛ばしました。

●Freedomの前編

Daemon

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中