Seth Godin,電子書籍で後ろ向きな大手出版社を叱る

ピクチャ 2 先日ご紹介した無料ebook「What Matters Now」の発案者Seth Godinがまたまた出版界に波紋を投げかけてくれました。今回はgallycat.comの「Seth Godin Criticizes Simon & Schuster CEO’s Year-End Letter」というセンセーショナルなタイトルつき。

話題の元になったのは、Godinの「You don’t have the power」というブログエントリーです。ここで彼が問題にしたのは、Simon & Schuster CEO Carolyn Reidyが書いた次の部分です。

"We must do everything in our power to uphold the value of our content against the downward pressures exerted by the marketplace and the perception that 'digital' means 'cheap.'

“「電子書籍は(紙媒体に比べて)安いものである」という認識と市場の圧力(つまり消費者主導の電子書籍の低価格)によりコンテントの価値が下がっていることに対して、我々は総力を尽くしてコンテントの価値を守らなければならない”といった内容。

それに対してGodinは次のように語っています。

You don't have the power. Maybe if every person who has ever published a book or is ever considering publishing a book got together and made a pact, then they'd have enough power to fight the market. But solo? Exhort all you want, it's not going to do anything but make you hoarse.

“ あなたにそれを止める力はありませんよ。もし、これから出版を考えている者を含む出版に関わるすべての人物が集まって協定をとりかわすのならば市場と闘うのに十分な力ができるかもしれませんが、御社が単独で?思う存分熱い説教をされるのはけっこうですが、声が嗄れるだけですよ”

詳しくはGodinのブログをご覧いただくとして、彼の意見は次のように集約されます。

If I'm an upstart publisher or a little-known author, you can bet I'm happy to sell my work at $5 and earn seventy cents a copy if I can sell a million.
“立ち上げたばかりの出版社やあまり知られていない作家であれば、もし百万冊売れるのであればよろこんで1冊5ドルで取り分70セントの価格で売りますよ”

Smart businesspeople focus on the things they have the power to change, not whining about the things they don't.
“賢い実業家は自分が変えられないものに対して泣き言を言ったりはしません。自分が変えることができることに焦点を絞るものです。”

Publishers Weeklyの記事によると、 後ろ向きなSimon & Schusterに対して電子書籍で無料ebookなどのマーケティングに力を注いだRandom Houseの2009年の収益は上がっています。特に電子書籍の延びは、パーセンテージで3桁だということです。
“The Random House digital future is a core focus of our company’s overall strategy,”というように、ランダムハウスは電子書籍を将来生き延びるための重要な戦略にしているのです。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 多くの職を体験し、東京で外資系医療用装具会社勤務後、香港を経て1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 100 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中