子供時代に親から言葉を奪い去られたイラストレーターの回想記 Stitches

David Small
336ページ(ハードカバー)
W W Norton & Co Inc
2009/9/8
グラフィックノベル/回想記

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0393068579
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0393068579

「グラフィックノベル」は、日本の漫画に似ていて異なる。どう異なるかを言葉で説明してもよくわからないであろうから、そこは読んでいただくしかない。

このグラフィックノベル「Stitches」は、ベテランイラストレーターのDavid Smallの回想録であり、グラフィックノベルの中でも特殊な作品である。

Stitches1 David Smallの幼年時代は、暗い沈黙に満ちていた。母の無言の怒りは家族全員を緊張に満ちた沈黙に引きずりこみ、それぞれが押さえ込んだ怒りを別の「音」で発散していた。放射線専門医だった父親は、病弱だったDavidに放射線照射を繰り返し、結果的に頸部の癌を与えてしまう。だが、両親は彼から事実を知る権利を奪い、本人に何も告げずに手術をし、声帯を半分除去してしまう。手術から目覚めたDavidは、自らの選択ではなく「沈黙」を強いられてしまう。

愛を与えられず、栄養を与えられず、好奇心は否定され、そして言葉を奪われたDavidがそこから抜け出した経緯を示す最後の夢のエピソードが印象的だ。

絵本のイラストレーターとして数々の賞を受賞しているDavid Smallのこれまでの作品からは想像できないほど、暗くて辛い回想録である。文章での説明は最小限だが、それゆえ少年の視点からの大人の世界の不気味さや不条理さがひしひしと伝わる。


●ここが魅力!

Arts_stitches 言葉での説明がほとんどないにもかかわらず、少年だったDavidが覚えた孤独、怒り、恐れが胸にずしん、ときます。「声を出せない」という肉体的な制約がDavidの生い立ちすべてを象徴していて、彼がイラストという言葉を見つけるまでの絶望に思わず涙ぐんでしまいました。

グラフィックノベルですが、ベストセラーになったAugusten Burroughsの Running with Scissors
と同様の読後感を得ました。

Amazon.comの2009年9月Best of the Month

●読みやすさ ★★★★☆

文章での説明はあまりありません。分からない文章があっても、イラストがあるので意味が想像できるでしょう。

●アダルト度 ★☆☆☆☆

親から愛されなかった子供の悲痛な回想記ですから、児童向けではありません。

●David Smallの作品

The Underneath

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=1416950591
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=1416950591

The Gardener

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=031236749X
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=031236749X

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

子供時代に親から言葉を奪い去られたイラストレーターの回想記 Stitches」への2件のフィードバック

  1. いま読み終わりました。
    これは児童書のカテゴリに入る本ではないですね。賞関係では児童書部門でノミネートされていたりしていたのでどっちなんだろうと思っていたのですが。
    ページごとの絵のレイアウト、ストーリーの運び、洗練されたものを感じます。それにしても、なんて重たい過去なのでしょうか。深く心に刻まれた一冊です。

    いいね

  2. 私にとってもこれはずっしりきた本です。
    これが児童書ってことはぜったいにありませんよね!
    でも、賞は取って欲しいと思わせる本です。
    グラフィックノベルといえば、今Sandmanを読みかけているのですが、これも子供向けじゃあないです。寝る前に読むと悪い夢を見そうなので夜読まないようにしていたらなかなか読む暇が見つからないという困った状況です。
    でもGaimanらしい大作だなあと思います

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中