19世紀末のテキサスで白馬の騎士よりダーウィンを愛した少女の成長記 − The Evolution of Calpurnia Tate

Jacquieline Kelly
352ページ(ハードカバー)
Henry Holt and Co
2009年5月12日発売
小学校高学年から高校生/家族ドラマ・成長物語/19世紀末から20世紀初めのテキサス


http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0805088415
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0805088415

Battle of Kids
Books残念賞!シリーズ
2回戦で敗退

2010年ニューベリー賞オナー受賞作品

20世紀を迎えようとしているテキサス州の裕福なTate家の娘Calpurniaは、6人兄弟に挟まれたたったひとりの女の子。女性が女性らしくあることを期待された時代だが、もともと自然の観察が好きな11歳のCalpurniaは、ダーウィンを崇拝する素人自然科学者の祖父のお気に入りになる。地元で尊敬され、家族からも畏怖されている祖父に守られて好きな採集をしてきたCalpurniaだが、裕福な白人層で当然とされる社交界デビューの年齢が近づくにつれ、母から刺繍、編み物、料理、といった「良い妻」になるための修業を強いられる。だが、Calpurniaがなりたいものは科学者なのだ。

Calpurniaの一人称の語りが躍動的で、大家族とのやりとりにも愛情が感じられる。この時代の人々の生活、考え方、が鮮明に描かれている。各章は短く、それぞれにクライマックスがある。

●ここが魅力的!

これも実は昨年から読みたいと思っていたもので、Battle of the Kids Booksのおかげでようやく読むことができました。

第1ラウンドには勝ちましたが、第2ラウンドで敗退してしまいました。

この本の最大の魅力はCalpurnia自身です。
最初のほうの場面に、彼女が他の女の子とずいぶん違うことを示す心中の声があります。

One day I would have all the books in the world, shelves and shelves of them. I would live my life in a tower of books. I would read all day long and eat peaches. And if any young knights in armor dared to come calling on their white chargers and plead with me to let down my hair, I would pelt them with peach pits until they went home.

このラプンツェルは、白馬の騎士に救われるより桃を食べながら本を読んで暮らしたいと思っているのですね。それにしても、桃の種で追い払われる騎士の心中やいかに..。

もうひとつの魅力は、彼女と周囲の人々とのやりとりにあります。兄弟それぞれが活き活きと描かれていて、ちゃんと誰が誰なのか読者に伝わってきます。私のお気に入りは、動物にすぐ感情移入してしまうTravisです。サンクスギビングで料理される予定の七面鳥を好きになってしまってなんとか救おうとするところなどがとても微笑ましい光景でした。

また、ウィットに富んだ文章も魅力です。
例えば彼女が(生まれて初めて)失神し、顔に水をかけられて意識が戻って来ます。そのときの場面です。

(これまで何度も会ったことがある女性に向かって)“Hello, I’m pleased to make your acquaintance.”

For this I got another half bucket of water in the face.

そこで登場した祖父とCaplurniaのやりとりが最高です。

“Calpurnia,” he said,, “what is the order of the spider commonly known as daddy longlegs?”
“Opiliones,” I said tartly.
“Very good,” he said. “I believe she is coming around.”
“Stop that water, “ I said to the circle at large.

赤毛のアンとかトムソーヤとかが好きだった大人には、あの読書体験を思い出させてくれるノスタルジックな雰囲気の本でもあります。

●読みやすさ ★★★☆☆

美しく優れた文章だからこそ読みやすい、という典型的な良文です。
とはいえ、洋書をある程度読み慣れていないと、可笑しい部分とかがわかりません。そういった意味で★が3つです。

●アダルト度 ★☆☆☆☆

キスの話題とか大人の男性たちが変な会話をしますが、Calpurniaからの視点ですから小学校高学年から読んでも問題ないと思います。
大人が読んでも十分面白い、というか大人におすすめの児童書です。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

19世紀末のテキサスで白馬の騎士よりダーウィンを愛した少女の成長記 − The Evolution of Calpurnia Tate」への2件のフィードバック

  1. 現在この本を読み始めたところですが、すでに好きになってしまいました。主人公の少女がとても魅力的で、その祖父がまた面白い。渡辺さんが最初に本の中から挙げた部分、とてもかわいらしいです。(思えばこの部分は私もこの少女に似ていたかも。)気に入ったのでGoodReadsのQuotesに登録しました。この本を読むきっかけになった渡辺さんに感謝です!

    いいね

  2. こんにちはKazさん。
    私もCalpurniaと似た女の子だったんですよ。
    小学校の帰り道に道草で知らない草を見つけると、戻ってから家にあった「牧野日本植物図鑑」と照らし合わせたりしていました。私の道草人生の始まりです(^_^)。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中