禁酒法時代の米国の田舎町の雰囲気が良く出ている歴史ファンタジー The Boneshaker

Kate Milford
384ページ(ハードカバー)
Clarion Books
2010年5月24日発売
児童書(9−12才)、YA/歴史ファンタジー/冒険

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0547241879
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0547241879

TGSA04812_m
1913年、ミズーリ州の田舎町Arcaneは、その名(「不可解な」という意味)のとおり不思議なことが起こる町で、特にcross roadについては言い伝えがあった。13歳の少女Natalieが母親から聞いた逸話のひとつが、町に住む黒人ブルースミュージシャンのTomがcross roadでdevilに出会った話だった。Tomがいかにしてdevilをやりこめて魂を取られずにすんだのかという話が本当であれば、Tomは現在生きている筈がない年齢だ。Natalieは、Tom本人からその話を聞いてみたいと思う。しかし、Natalieの目下の悩みは、Boneshakerという自転車(右の写真)を乗りこなすことだった。

(さらに…)

賢い電子書籍の活用例

「これが賢い電子書籍の活用だ!」という例が、Simon & Schuster社のebook "Truman Fires MacArthur"です。

LAタイムズ紙によると、サイモン&シュースター社は、オバマ大統領が駐アフガン司令官のスタンレー・マクリスタル(Stanley McChrystal)を解任したたった48時間後に、トルーマン大統領がマクアーサー司令官を解任したときの詳細を書いた歴史書"Truman Fires MacArthur"をアマゾンとiBookstoreなどから電子書籍で販売することを発表しました(1.99ドル、という購入しやすい価格にも注目!)

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=B003TWONKY

これは新しい本ではなく、1993年に出版された歴史書「トルーマン」(David McCullough著) からの抜粋です。世間が「大統領が司令官を解任する」というニュースに注目しているときに(関心が醒めないうちに)、既刊の古い本から抜粋してタイムリーに電子書籍を出版するというのが、非常に賢い電子書籍の活用法です。

今後、このような電子書籍の活用が増えるのではないかと思われます。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0671869205
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0671869205

Kindleを買おうと思う方へ

 

ピクチャ 2 洋書ニュースのほうで「思い切り廉価なKindleを出すべきだ」といったSeth Godinの意見をご紹介していたら、突然の値下げです。それについて思うことは洋書ニュースのほうに書きましたが、この機会にKindleを購入しようと思っている方にちょっと知っておいていただきたいことがあります。

1)International版を購入すると、米国で買えても日本で買えないKindle booksがけっこうあります。

2)アメリカでの価格に2ドルほど上乗せした料金がかかります。

3)アメリカで無料キャンペーンの電子書籍が10ドル以上することがよくあります。

アメリカに住所がある人は、住所を変更することで解決しますが、それを証明する必要があります。

日本でKindleを使うもうひとつの方法は、家族か親戚に米国のKindleを買ってもらうほうほうです。これは上記の問題がありませんし、完璧に合法です(アマゾンのカスタマーサービスから直接聞いた方法)。面倒ですが、こういった方法もあることをお知らせします。

ご購入は右バーからどうぞ→

Kindle値下げ!

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=12&l=ur1&category=kindle&banner=1RR50DN6TK7D02JARP02&f=ifr

先日、思い切り廉価なKindleを!といったSeth Godinのアイディアをご紹介しましたが、なんと突然の値下げです。Kindle 3が近々出る、という噂もありますが、これは iPadの登場で、電子書籍を売ることに重点を置くことにしたアマゾンの対策だと私は睨んでいます。

悪い表現をするとドラッグプッシャーの手口最初にタダや安いので中毒にさせたらあとは売る努力なし。アマゾンの場合は、Kindleを買ってKindle booksを買い始めてしまうと、デバイスがiPadになろうがどうしようが、電子書籍では引き続きKindle booksを買い続けてくれる、というもの。私の夫も iPadで読むときに iBookstoreで買うつもりはないようで、引き続きKindle for iPadで読むと言っています。

ですが、本を沢山読む方、高齢の方、など読書中心のデバイスをお考えならiPadではなくKindleをおすすめします。わが家にもiPadはあるのですが、これで本を読み始めると30分も続かないのが実感です。その理由についてはiPad初日の感想をどうぞ。使い心地については当時と同じ意見です。

キンドルを購入するにあたっての注意点を洋書ファンクラブのほうに書きましたので、それもご参考にしてください。ご購入は右バーからどうぞ→

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=12&l=ur1&category=kindlerotating&f=ifr

ビンテージドレスの世界を使ったいかにも英国産chick litな物語 – A Vintage Affair

Isabel Wolff
英国では2009年1月発売
米国では2010年6月29日発売予定(私が読んだのは米国版)

現代文学(大衆文学)/Chick Lit

由緒あるオークションハウス、サザビーズを突然辞めたフィービー(Phoebe)は、ロンドン郊外にビンテージドレスの店 Village Vintage を開く。突然思い切った行動に出たきっかけは、幼い頃からの親友エマ(Emma)の突然死と、それが原因になった婚約解消だった。

(さらに…)

小説が苦手な方が楽しめる簡単な洋書- The Number Devil

Hans Magnus Enzensberger (著),
Michael Henry Heim (著, 翻訳),
Rotraut Susanne Berner (イラスト)
264ページ(ペーパーバック)
Holt Paperbacks
小学校高学年から中・高校生/数学が好きになる本

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0805062998
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0805062998

娘が通っていた小学校は、米国にありますがアジア系が多く、中国系の方が経営している公文式に幼稚園前から通っている子が沢山います。そういった子は計算が速いので、私の娘は小学校低学年の頃「私は数学(こちらでは算数、数学とは分けない)ができない」と自信を失っていました。そこで私は「速く計算できることは数学ではない。お母さんが後に証明してみせますから、安心していなさい」と保証しました。

(さらに…)

iPadに対抗するためのKindleへのアドバイス

3秒に1台のiPadが売れているという現状に、このブログで何度かご紹介したSeth Godinが、Kindleへのアドバイスを述べています。それがなかなかのものだったので、ここでご紹介しますね。

ピクチャ 5

1. The paperback Kindle. Don't worry about touchscreens or color or even always available internet to download new books. Make a $49 Kindle. Not so hard if you use available wifi and simplify the device. Make it the only ebook reader in town.

1台49ドルのキンドルのペーパーバック版を出したらどうか、という案です。思い切りシンプルなデザインで廉価なものの需要はある、と私も思っています。これは良い案!

2. The Kindle as razor. Buy any 8 bestselling books on the Kindle ($10 each) and get a paperback Kindle for free.

カミソリのマーケティングと同様にパッケージのオマケにしちゃうって方法ですね。ベストセラー8冊にペーパーバックキンドルをオマケでつけちゃうんです。すると、次に本を買うときにAmazonのキンドルを必ず買ってくれる。これも大いに賛成!

3. Kindle of the month club. In the 1950s, the most powerful person in all publishing was the guy who chose the book for the book of the month club. It didn't pay the author glamorously well, but if your book was chosen, it guaranteed people would talk and it would become a bestseller.

Sign up to get a Kindle book of your choice every month for 12 months and get a free Kindle. Amazon presents you with ten book choices, and since the cost of delivering it is zero, there's plenty of margin for all…

「Book of the month
club」ってのは米国のモデルなのでちょっと日本の読者には分かりにくいでしょうが、会員になると、毎月本が1冊選べるというものです。ですから、「Kindle of the month club」というのは、会員になるとキンドルがオマケでついてきて、毎月1冊キンドルブックが選べるという形です。これも、なかなか良い案。

4. Let publishers, leaders and corporations push PDFs and chosen books directly to their tribes via the Kindle. For example, I could put Kindles in the hands of the 1,000 service techs of my ventilation company and they'd see the new service manual daily. Or an author could create her own version of a book club, collecting a monthly fee and pushing the latest book directly to people who want to read it. Simpler still, how about letting me gift a book directly to anyone I know who has a Kindle? (thanks Lisa, for this idea).

出版社、企業の経営者たちに、キンドルを通してPDFファイルや電子書籍を直接カスタマー、社員、などにプッシュさせる方法です。作者が自分のブッククラブを作り、会費を集めて直接ファンに最新作をデリバーするなど、いろいろ面白いアイディアが可能です。

番外編:哀しい日本在住ガイジンを茶化すジョークスピーチ

今日は、「番外編」として、友人のライター John Harrisの抱腹絶倒スピーチをご紹介したいと思います。

ジョンは、日本在住歴20年以上のカナダ人ライターです。政治家を含めた有名人のスピーチライターなども手がける真面目なライターなのですが、日本語のおじさん駄洒落を連発する「変なガイジン」でもあります。そのジョンが、日本在住(不良)既婚ガイジン男性が若い独身の日本女性たちを招いた席でのスピーチを頼まれました。そこで、おもいっきり捻ったユーモアを炸裂させたのがこのスピーチです。あまりにも可笑しかったので、ジョンの許可を得て、ここに掲載させていただきました。彼に原稿を依頼したい方は、残念ながら本人がブログを持っていないので、私にご連絡ください。伝えます。

ところで、これはユーモアですから「こんなガイジンは許せん!」と目くじらを立てないようにwink

●アダルト度 

とりたてて危うい表現はありませんが、テーマが大人向けです。ユーモアが理解できて、にやり、と笑えるのも大人だけですので、ご了承を。

Why a Pet Raccoon (arai-guma) is Better than a
Gaijin Husband

 

 

Good evening, ladies.
And good evening, you guys.

 

In fact, it’s all
these guys… that I want to talk about this evening.

 

Who are these white
fellas, anyway?

 

Well, ladies, you’re
probably thinking… “Well, those ones are American. That lot is English. The guy
talking, he’s Canadian. And there’s even supposed to be a Rhodesian here. You
could look at their passports… but that would miss the point.

 

The reality is … these
guys have been in Japan so long – some for 30 years, half their worthless lives
– that they now have more in common with each other… than with their fellow
countrymen.

 

So they’re no longer
really American or Australian or Lower Slobovian.

 

They’re not Japanese
either. Even after a hundred years, they won’t become Japanese. Ladies… these
guys are perma-gaijin.

 

They’re too heavily
invested here to leave. By now, they’re too weird to fit in back home. And when
they do go home… they’re bored out of their wits in a month. For better or
worse, they’re stuck here.

 

I’ve been watching
this species since 1989, when I analyzed them in a series of magazine articles.
I identified several evolutionary stages of the Tokyo gaijin male.

 

They start as
nama-gaijin, straight off the plane – geeky, puppy-like, easily amazed, eager
to ingratiate themselves… and utterly helpless.

 

Their endless
questions irritate the hell out of veteran gaijin: “Why? Why? Why?” Why?
Because it’s Japan… that’s why.

 

These same qualities…
are, however… irresistible to Japanese women. Nama-gaijin are like baby
raccoons – arai-guma… cute, cuddly and helpless. Look at their big, blue eyes!

 

So 25 years ago many
naïve young Japanese women took them in as pets. What a mistake!

 

Like baby raccoons,
they start off cuddly and obedient. But after three years, they get cocky and
cynical.

 

In typical raccoon
fashion, they annoy the local gomi-obaachan… mixing moeru with moenai.

 

If they think they’re
being cheated, unlike Japanese, they refuse to submit meekly. They argue loudly
in bad Nihongo… and it’s so embarrassing.

 

Some Japanese women
made the mistake of actually breeding with these creatures. The children are
lovely… and they often fit into Japanese society.

 

But once the kids
reach school age, you have to take their fat, old raccoon fathers to the
undo-kai. And this is embarrassing. They yell – Go! Go! Go! – during the races.
They ogle the cute young mothers without restraint.

 

Japanese women who
took in these baby raccoons were usually a bit wild and rebellious at the time.
So having a gaijin pet was kind of a fashion statement.

 

By the time these same
women joined the elementary-school PTA they were very, very anxious to fit in
with the other mothers… and the rules. They became Japanese adults.

 

Meanwhile, since
gaijin men are not really part of Japanese society, they don’t age as quickly…
well… at least on the inside.

 

So they reach an
evolutionary stage we call… “The Peter Pan Gaijin.”

 

When they come back from
their high-school reunions, they say… “Y’know… all my friends back home seemed…
so old.

 

They’re 48… going on
29… and they still imagine women find them… irresistible.

 

So like any old
raccoon… every waking thought goes to devising new ways to make… mischief.

 

Even now… who knows
what mischievous midlife fantasies are going through these minds?

 

OK, fess up: who in
this room has Viagra in his pocket?

 

Sure, you can ridicule
their conceit. You can shake your head and say… “I mean really… grow up, already.”

 

To that… I say: So
what! Once you give up your boyish playfulness… your spontaneity… your
irrational romantic hopes… once you think like an old man… you’ll be an old
man.

 

In Japan, you find
lots of men who’ve have had all that stuff beaten out of them by 45. They’re
mature and obedient… and somehow lifeless. They will never embarrass you by
yelling across the room “I love you.”

 

These guys here… for
all their faults… they’ve still got a spark… they’ve got life left in them. You
can imagine one of these guys leaning in close and saying… “Baby, I love you.”
And if he says that, he will mean it… at least for the next hour.

 

Let’s be fair, though.
Not all the men here fit this description. So please give every one of them
benefit of the doubt… if they say, “well, y’know… I’m not like that.

 

That said… don’t even
dream of marrying any of these guys. Bad idea!

 

But if it’s fun you’re
after… these guys know how to make it happen.

 

As The Beatles told
us, “If you want some fun, take ob-la-dee-bla-da.”

 

Rock on, Rocky
Raccoon!

 

ごみ屋敷を作る人々の謎ーStuff

Randy O. Frost
Gail Steketee

304ページ(ハードカバー)
Houghton Mifflin
 2010/4/20
心理学/精神医学/事例

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=015101423X
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=015101423X

誰でも一度は「ごみ屋敷から死体発見」といったニュースを耳にしたことがあるのではないでしょうか。家中ぎっしり天井までうずたかく物が積み上げられているような状態の家は世界中にけっこう存在するようで、そういったためこみ行動を英語ではhoardingと呼びます。スミス大学の心理学教授Frostとボストン大学の学者Steketeeの2人が、病的なレベルまで物をためこむ興味深い症例を通じて分析を試みたのがこの本です。

病的なhoardingにはある種の共通点があるようです。
ひとつは、ため込みをする人の多くが、知性が高く、好奇心が旺盛で、すべてのオブジェクトに特性を見いだすことができ、チャンスを逃すのが嫌い、ということです。コレクターはこの特長にぴったり当てはまります。物に対して「一期一会」と思うので、見つけると入手せずにはいられず、物へ感情移入し、決断力がないから捨てられません。

これまでhoardingはOCD(Obsessive Compulsive Disorder, 強迫性障害)の一部として扱われてきましたが、FrostとSteketeeは、それに疑問を抱いていました。というのは、OCDの場合の儀式は不安を取り除くための強迫行為なのですが、ためこみをする人はためこむことに喜びを感じます。そもそも、物を手に入れてため込む、というのは衝動なので、ギャンブルのようなImpulse Control Disorder(ICD、衝動制御障害)に分類されるべきではないか、というのが著者たちの推測でした。そこでギャンブラーたちを広告で集めたところ、予想通りためこみの衝動がみられたのですが、hoardingにはそれ以外に、「整理整頓ができない」という問題があります。また、遺伝する傾向もあります。ため込む人の兄弟や姉妹を調査すると、多くの確率でため込む者がいます。hoardingをする家系には14番染色体のある部分にパターンがあることも分かっています。また、トゥーレット症候群との関係もあるようです。あまりにもいろいろな要素があり現行の疾患分類に組み込むことができないので、hoardingはそれだけで独立した疾患として分類されるべきではないか、というのが著者たちの見解です。

実は、わが家にも深刻なコレクター(夫)がいます。出会った頃は、アンティークの時計、ピン、程度でしたが、今はアポロ計画の宇宙飛行士とも顔見知りになっているほどのアポロ収集家です。月の砂つきのベルクロ、宇宙に行って戻って来たアポロ4号の窓、飛行士がトレーニングに使ったパネル、エンジン、といった無数のコレクションがリンビグルームにのさばっています。趣味が移行したのだから昔のコレクションを処分するかというと、そうでもありません。アンティークの時計やアポロのエンジンを捨てろとは言いませんが、京都に留学した高校生のときに近所のパチンコ屋さんからプレゼントされたパチンコ台と玉、昔のガールフレンドからプレゼントされたテディベア、なども絶対に捨てないのです。捨てるどころか、ロックコンサートやオークションに行くと必ず土産を持ち帰ります。私がぶつぶつ文句を言うので片付け上手の友達が「私が捨ててあげよう」と提案してくれるのですが、それをするとたぶん離婚だと思うので耐えています。

実は、夫だけでなく私もやや危ないのです。まず、本を捨てることができません。その理由は「また読むかもしれない」から。実際読むので、本当に捨てられません。そして、家族の所有物だったものも捨てられません。家を綺麗に保ちたい姑が、彼女の母親のものまで(捨てたくないから)私に渡すので、それも捨てることができません。こういった私たちには、本書Stuffに登場する事例たちが決して他人ごとには思えないのです。

けれども、この本に登場する事例はハンパではありません。

雑誌や新聞の切り抜きを捨てられない事例の心情は理解できますが、万引きしたものをためこむ女性や、猫を何百匹も集めて飼っていた精神科医、借金地獄なのに買い物をしてしまう女性の事例は、やはりスケールが違います。FrostとSteketeeによるhoardingのレベル分類(下記)を見て、上には上がある、と感心しましたが、この本を読んで身につまされた私は、暇ができたら家の中の収集物の整理整頓をしようと(一応)決意しました。この写真の4以上だと専門家の治療を受けたほうが良いみたいです。 

*写真の引用 by Randy Frost & Gail Steketee (photos © Oxford
University Press)

1.問題なし

LivingRm1_text

2.初期症状あり?
LivingRm2_text

3.もしいつもこの状態であれば軽度のhoarding。
LivingRm3_text

4.中程度
LivingRm4_1

5.深刻
LivingRm5_text

6.非常に深刻
LivingRm6_1

7.重症
LivingRm7_text

8.とても重症
LivingRm8_text

9.極度のhoarding
LivingRm9_text

●読みやすさ 中程度

文法的には簡潔です。けれども、一般向けとはいえ心理学の本なのでネイティブでも小説ばかり読む人には難しく感じるようです。逆に、専門書を読み慣れている日本人にとっては、解釈がいらないこの本のほうが児童書の小説よりも読みやすいのではないかと思います。