犬らしい犬が主人公のミステリーDog On Itの第二作 Thereby Hangs A Tail

Spencer Quinn
309ページ(ハードカバー)
Atria
2010年1月5日発売
ミステリー/犬

警察犬としてトレーニングされたが、猫に関わるある事件で警察犬になれなかった雑種犬のChetは、退役軍人で私立探偵のBernie Littleに引き取られている。飼い主のBernieと彼の犯罪解決能力に誇りを覚えているChetだが、依頼されるのはBernieの苦手な離婚ケースばかりだ。

ある日Bernieは有名なドッグショーで優勝したPrincessのボディーガードを依頼される。だが、Princessの飼い主であるAdelinaに面会している最中にChetが食べ物につられて失態を犯し、その場で首になる。そして、その直後にAdelinaとPrincessが誘拐され、それを取材していたBernieの恋人Suzieも姿を消してしまう。

今回も捜査中にChetとBernieは別れ別れになってしまい、Chet単独の冒険が始まる。そこで遭遇したのは、ヒッピー、Slim Jim(サラミとビーフジャーキーの中間のような細長い食品。コンビニとかガソリンスタンドによく売っている)、死体、髭男、そしてPrincessだった。

●ここが魅力!

洋書ファンクラブでの昨年の「これを読まずして年は越せないで賞」で入賞したDog On Itは、スティーブン・キングが絶賛した犬が主人公でナレーターのミステリーです。そして、今年の1月に発売された第2作がこのThereby Hangs A Tailです。

今回の面白さは、上品でつんけんした小型犬Princessとの関係です。といっても犬同士が話し合うことはありません。Chetは通常の小説に出てくる犬とは違います。飼い主Bernieに対する絶対の信頼感を持ち、食べ物や動物を追いかけることがプライオリティNo1で、すぐ考えていることを忘れてしまう、とても犬らしい犬なのです。そんなChetの思考回路に、読者はつい微笑んでしまうのです。

第一作に比べると新鮮さはやや欠けますし、ミステリーとしては単純です。けれどもこのシリーズはミステリーのプロットを楽しむためのものではなく、犬らしい犬Chetの冒険を楽しむべきものです。ゆえに今回も楽しませていただきました。

●読みやすさ 中程度〜やや簡単

文法も使っている単語も簡単で、プロットも単純ですから読みやすいとは思います。ですが、たまにChetが理解できない(から可笑しい)言い回しが出てきます。ネイティブの英語に慣れていないと意味が通じないかもしれません。

●アダルト度 

前回と同じく、小学生でも大丈夫な内容です。

●A Chet and Bernie Mysteryシリーズ

第3作To Fetch a Thief

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

犬らしい犬が主人公のミステリーDog On Itの第二作 Thereby Hangs A Tail」への4件のフィードバック

  1. 渡辺さんのおっしゃる通り、ミステリーとしてはちょっと不満ですが、1作目でChetのファンになってしまった私にとってはChetがどんな事件に巻き込まれ、解決していくのか、いつの間にか本にひきこまれてしまいました。星3つかな?第3弾もでているようなので、ひき続き読んでいきます。

    いいね

  2. dearaiさん、こんにちは。
    これは、「Chetを読む本」ですよね!
    ミステリーは二の次。
    第三弾は二弾よりも出来が良い本です。
    こちらでも、そろそろNYT紙ベストセラー入りをしそうな感じです。

    いいね

  3. 他に読まなきゃいけない本がたくさんあるのに、Chetの魅力に勝てませんでした(笑)。確かに1作目よりは劣るかもしれないけれど、やっぱりChetが可愛い。今回は後半Bernieがちょっと素敵でした。3作目はホリデーまで待とうかなと思います。でも読みたい。。

    いいね

  4. Chetに会いたくて読んでるようなものですね。
    3作目のChetも良かったですよ。
    全体的な出来としては、3作目のほうが2作目より良かったというのが私の個人的感想です。
    ではまた

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中